カラット・ラディラブ

多田七究

第一章 始まりの記憶

第一節 マユとシュー! ピュアな出会い

第1話 しゃべる宝石

 第一節 マユとシュー! ピュアな出会い


 灰色の部屋の中心から、つよい光があふれた。

 まぶしいピンクとライトブルーが重なる。

 観測機器では色がよくわからない。白と黒が支配する、モノクロームの映像。石のような何かの割れる音が、高くひびいた。

 光がはじけ、天井が突き破られる。夜空に高く舞い上がった。

 ふたつの色は空中で凍ったように固まり、すぐにそれぞれ別々の方向へと飛んでいく。

 部屋の中に、きらめく沢山のかけらが降り注ぐ。ゆっくりと。

 そこにいる女性は、天井の穴の先を見つめていた。落胆している様子はない。


 うららかな朝の住宅街。

 ひとつの家の中。ボブカットを揺らして廊下を歩きながら、少女が母親に告げる。

「いってきまーす」

「いってらっしゃい」

 制服姿の少女が、朝日に向かって進む。紺色こんいろひしめく中学校へ着いた。

 二十人ほどがいる教室は、初々しさであふれている。机の上に置かれた、かばん。ショートカットの少女と、長めでくせ毛の少女と距離が近い。

「メグミもカナエも、制服だとなんか変な感じだね」

「冬服重いけど、よかったあ。マユと一緒で」

「喜ぶ相手が違うんじゃないかなぁ? めぐめぐ」

 となりの席につくロングヘアの少女は、会話に参加しなかった。


 真新しい制服で学校から出てくる、生徒たち。

 家へと歩くマユが、道で光を反射するものを見つけた。ほかの人たちは気にしていない。

「ピンクのヘアピン? じゃない。宝石だ」

 落ちている物は、親指くらいの大きさ。見た目よりも軽いことに驚きながら、少女が手に取った。冷たくない。

「きっと困ってるよね。交番に行って、落とした人に――」

『それは、こまる』

 宝石がしゃべった。かわいらしい声で、まったく困っているようには聞こえない。

「え? えっと、桃枝マユです。よろしくお願いします」

『なんで慌ててるの? ボクは、なんだったかな。シュ……シュー? ちがう気がするなあ』

「あちこち欠けてるから、忘れちゃったのかな? 大丈夫?」

『だいじょうぶかはともかく、誰も気づかないから困ってたよ』

 桃色の宝石は、記憶がはっきりしないらしい。名前もおぼろげ。長い上部分が多く割れていて、十字に近い形。剣のようにも見える。

「とりあえず、シューって呼んでいいかな?」

『個体がシキベツできればいいよ』

「難しい言葉を知ってるんだね。記憶喪失きおくそうしつなのに」

 ほとんどの人たちから独り言に見えていることを、まだマユは知らなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます