憑かれやすい彼女

薮坂

プロローグ

泥棒猫のエチュード



「どうして? どうしてあんなことしたの?」


 静かな教室の中で、髪の短い女が言った。強い眼差しで、真っ直ぐに相手を見据えている。

 言葉を受けた相手である髪の長い女は、唇を歪めて不敵に笑うだけ。短い方は、強い口調で言葉を継いだ。


「笑ってないで答えてよ!」


「……なんて答えて欲しいの? あんたの男を取ってごめんなさい、とでも言えばいいの?」


 歪んだ笑顔のまま、髪の長い女は続ける。


「ねぇ、逆に聞きたいんだけどさ、恥ずかしくないの? 男に浮気されたのはあんたにも責任があるのに。自分に責任が全くないって、そう思ったの? まぁ、そう思ったからこんなこと言ってんだよねぇ?」


「あなたがレイジを誑かしたりしなければ、こんなことになってないよ!」


「へぇ、あいつレイジって言うんだ。知らなかったなぁ、まぁどうでもいいけどさ」


 ニヤリと不敵に笑う、髪の長い女。短い方は、怒りに肩を震わせていた。


「……許さない! 絶対に許さないから!」


「私を誘って来たのはそのレイジってヤツの方。私はただ、受け入れてやっただけよ。それにあいつ言ってたよ? 彼女の愛が重すぎる、ってね」


「お、重い……?」


「おやすみってメールがないと怒るんだって? 私のこと愛してないの、だっけ? ねぇ、何キロくらいあるの? あんたの愛の重さってさぁ」


 今にも吹き出しそうな、長い髪のその表情。対する短い方は、相手をまだ睨みつけている。長い方が言った。蔑むような口調で。


「どうしてもって言うなら返してあげる。別にあんなヤツ必要じゃないし、タイプでもないし。ただの暇つぶしに遊んだだけ。だからいつでもあんたに返してあげるよ。私のお古でよければ、だけどね?」


「この泥棒猫っ! ここで殺してやるっ!」


 言うが早いか、髪の短い方は冷たく光るナイフを取り出して——。




「……はい、そこまで」


 ぱんぱんと手を叩きながら2人に近づいたのは、不意に現れた3人目の女の子だった。


 黒髪、そしてショートカットの3人目は、無表情で言葉を続ける。


「さてと。見ててどうだった、コウ」


 そこまでただの傍観者だった、おれに話が振られた。


「いやなんで『泥棒』ってテーマのエチュードで、こんな血みどろの展開になんだよ。普通、泥棒つったら『待てルパーン』的なヤツだろ。お前ら、昼ドラの見すぎなんじゃねーのか? これじゃ、泥棒猫のエチュードだろ」


 そう、これはエチュード。日本語では即興劇と言うもの。

 演劇部の部室で繰り広げられていた昼ドラは、ただの演劇の練習だったと言うオチだ。こいつらには誰一人として彼氏なんかいないしな。


 おれたちは全部で4人の弱小演劇部。さっき演技していた、髪の長いのが木常きつねヨウコ。髪が短くてうるさそうなのが大上おおかみコマ。それを見てたのが部長たる田貫たぬきカイリと、そして唯一の男のおれ。


 次の秋公演に向けて、4人で目下練習中と言うわけだ。まだなんのシナリオをやるかも決まってないのだが。

 まぁそもそも、秋の文化祭でおれたちの出番が与えられるかも微妙なラインだ。それくらい実績も実力もない部活なのである。


「コウ。他に何か意見とか、アドバイスとかは」


 部長のカイリがいつもの無表情で言った。別に怒ってる訳じゃない。こいつはいつもこうなのだ。口数がかなり少ないヤツだが、もちろん悪いヤツじゃない。

 そんなカイリに、おれは腕組みをして答える。


「泥棒猫はやっぱりないと思うけどな。どうせなら、キャッツアイばりのセクシーなエチュードが見たかったぜ」


「なるほど。コウ先輩はやっぱり変態なんですね」


 この中で唯一の後輩、大上コマが反論した。変態って普通に悪口じゃねーか、おい。


「コウ先輩の発想は幼稚すぎるんですよ。泥棒と言えば略奪愛です! カレーには福神漬け、チキンナゲットにはマスタードソース。それくらい、メジャーな組み合わせだと思いますけど?」


 また微妙な喩えを……、と思うがおれはいちいち突っ込まない。コマに突っ込んでたら日が暮れる。それは過去の経験から痛いほどわかってることだ。


「まぁエチュードの内容は置いといてだな、セリフの掛け合い自体はよかったんじゃねーの? コマ、ずいぶん上手くなったな」


「ほんとですか、嬉しいです! でもよく考えたらコウ先輩に褒められても、あんまり嬉しくないですね! 変態だし!」


「なんでだよ普通に褒めたのに! あとな、おれは変態じゃねーぞ!」


 渾身の反論。変態ではないと強力に否定するが、コマは全く聞いてない様子。そんなコマは何故か得意げな表情で言った。


「やっぱりあたしは、ヨウコ先輩に褒めてほしいです。ヨウコ先輩は本当にすごい、すごすぎます。さっきの掛け合いだって、途中であたし本当にムカついちゃいましたもん。彼氏なんて今までいたことないのに、本当に彼氏を盗られた気分になりました」


 そこまで優しい表情で聞いていた、ヨウコが緩やかな口調で言う。


「コマちゃん、本当にお芝居が上手になったね。きっといい女優さんになれるよ。カイリもそう思うでしょ?」


「思う。本当に上手くなった。コマ、自信持っていい」


「ほんとですか、先輩方2人に褒められて嬉しいなぁ! これでさらに、やる気が出るってもんです! あたし、褒められて伸びるタイプなので!」


 おれも褒めてんだけど、そこは華麗にスルーかよ。まぁ良い。これもいつものことだから。


「で、どうすんだ。もう一度エチュードするのか?」


「悪いけど、わたしはこれからバイトがあるのでパスする」


「部長のカイリ先輩がそう言うなら、今日は解散ですかねー。あたしも家の用事あるし。というわけで先輩方、お疲れ様でした。また明日です、ついでに変態先輩もさようなら!」


「だから変態じゃねーからな!」


 と叫ぶがもう遅い。カイリとコマは風のように去っていった。必然、おれはヨウコと2人になるわけで。


「さてと。やることないし、おれたちも帰るか?」


「そうだね、帰ろっか。あ、そうだ。そう言えば駅前のカフェが半額フェアやってるらしいんだよ。ねぇコウ、一緒に行かない?」


「今日はどっちのおごりだっけ?」


「コウの番に決まってるじゃん!」


 いつもの笑顔で笑うヨウコ。それは幼い頃から変わらない、ちょっといたずらっぽい笑顔だった。

 おれとヨウコは小学校からの付き合いの、いわゆる幼馴染ってヤツ。付き合いはもう10年以上となる。

 昔からヨウコは、こんな顔で楽しそうに笑う。いつもその顔に負けて、結果おれの財布は軽くなっていくワケだ。


「コウ、どうしたの? 行こうよ」


「ヨウコ、なんか楽しそうだな」


「そりゃあね。コウがご馳走してくれる時は、いつもの倍くらい美味しく感じるからね!」


 鼻歌交じりで、部室がわりの空き教室を出て行くヨウコ。

 季節は初夏、それより少し前。つまり春と夏が切り替わるころ。1年でいちばん過ごしやすい季節。

 おれはやれやれと思いながら、楽しげに歩くヨウコの後を追った。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます