第11話 業者の罠

 2019年5月21日火曜日。

 一つの報告をせねばならない。

 母がまた隠し事をしていたことが発覚。


 なんと、かつてアパートのリフォーム前に、台風で当該のアパートの屋根瓦が落ちたのを発見した丸善が、「5万で修繕できます」と言ってきた模様。

 普通足場を組むから26万くらいはするのだが、丸善は保険金がおりた旨、母が電話で告げると、「業者に5万円だけしはらってください」といい、母は5万円しはらい、おりた26万円の保険金のうち、21万円を着服。

 これにより、母は警察と保険会社に後ろ暗いところをもつことになってしまった。

 よって、そのことをほじくり返されるのを恐れて、今回誰にも頼れなかったようなのだ。


 しかし、よりにもよって、今日、なんとかいう業者が訪問してきて、隣りの家の雨どいを直しているものだが、と名刺を渡して、またうちの雨どいを直すのなら今のうち(雨災害の被害から3年以内でないと保険金はおりないらしいが、5年目の今ならまだギリギリまにあう、といって)業者の方でいろいろしてくれると申し出てくれたらしい。

 その手で口をふさがれて、セ*ハウ*ングにいいようにされたのに、懲りない。

 

 なんでも雨どいは三日で直せるらしいと母は聞いて、保険会社に送る証拠写真をとるからと言われてほいほい喜んで聞き入ったらしい。

 わたくしの予想では。

 その業者は足場を組んだ後で、雨どいどころか屋根が深刻だと言ってくる。

 そして施工料を上乗せして、見積もりも請求も引き延ばして後で高額請求してくる。

 もしくは、この家は「お金持ってる人」という情報を流されて、他の業者がきてぼられる。

 ようするに、つりだ。

 頼んでもいないのに、あなたの家の雨どい直しますといって訪問してくるなど、業者としておかしいと思わないのか。

 ガミガミ言って、ようやく母は「わかったよ。疲れた……」と。

 今ソファに深く腰かけ、目をきつくつぶっている。

 わたくしは、その名刺を細かく破いて、家じゅうのゴミ箱に分けて捨てた。

 母はまた、保険金がおりて、なにか得をするのではないかと期待したらしいが、猛反対する。

 そんな金を受け取るから、正義にふり向いてもらえないのだ!

 当然助けてくれるはずの機関も、自分の手で無力化してしまうのだ!

 悪いことはしてはいけない。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます