第121話身勝手な感情所以

己が悪いと罪を被れば許されるのであろうか

塵芥に塗れくたばることができるのなら

さすればなかったことになるのであれば

自ら業火に焚かれようか、などと所詮口先

思い描いたことが現実として実行できるのなら

後悔もするであろうな 残念無念と振り返る事

想して新たな道が開けるのだろうが。

あゝ、失敗を間違えとして認識できない時点で

もうすでに詰んでいる。

過去もろくに見つめられない

全て自分だとして括ろうとしている

今があるのは、過去があるからで

過去を否定しては今ができない

という思考のもと生き恥を曝しているが、

そんな自分が好きであるから、タチが悪い

否定するは他人ばかりと気がしてならない

人目が怖くて仕方がない

誰も彼もそんな暇じゃねえこと

自分に置き換え考えれば簡単なこと

理解はできるのだけれど

納得できない自分がいるは矢張トラウマか

否定され続けた人生でした

と思い込んでいるだけなのでしょう

愛されていたと思います

身勝手な感情所以

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます