第122話許容範囲と 異論はなし

人其々好みは違います

全ての人に受け入れられることなど

あり得ないでしょう。

嘘をついてでも、

何処か わだかまりは残り 見えも隠れもする

其れでも人に合わせに生きることが当然と

誰もが疑問を持たず 苦痛ながら幾度も

それが慣れ熟(こな)れ為れに成れ

寄せ愛に至る

全ては許容範囲と 異論はなし

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます