第63話唯の嘔吐

唯の嘔吐

奇麗なものじゃない

自由に掃けないもの

誰かに渡すためでなく

苦しい羽を落とす為

軽くなりたいと

地べたに飛び立つ

蟠る想いが重い鎖

少しずつ紐解いて逝く

詞にし個々に置いて往く

事、場。

此処に残る途と知り

惑う時降り返る道ができ

自信は強固に存在を満たす

過去は未来に綴る我道此処に

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます