第7話 リア神は爆弾を投下する



「常盤木さんは、いつもバイトしているのですか?」


「まぁな」



 俺は短く答え、目の前のポテトを1つ摘む。

 相変わらず抑揚のない若宮の声だが、頰が少し緩んでいる気がする。

 もしかしたら機嫌がいいのかもしれない。



 だが、そんな若宮とは裏腹に俺の心中は穏やかではなかった。



 何故か横並びで座る俺と若宮……。

 それを見た周囲から、殺気に近い視線が送られ、さらには呪詛に近い言葉も聞こえる始末だ。



 はぁ……。



 ため息しか出てこない。

 どうしてこうなったんだ?




 ——それは、バイトを開始して1時間頃



 俺はテーブルを拭き、一杯になったゴミを捨てたりと店内を掃除していた。

 そこまではいつも通りの何も変わらない光景。


 そう、そこまでは……。



「いらっしゃいま……せ……」



 来店した客に対して、明るい挨拶をしようとした店員の1人がその客を見て絶句した。

 そのまま口がポカーンと開き、呆けてしまっている。


 理由は単純、リア神が降臨されたのだ。

 しかも、今日は土曜日ということもあり、私服姿のリア神だ。


 ネイビーワンピースに白のカーディガンとシンプルな格好だが、とても似合っていて、高校生には思えない綺麗さがあった。

 そのせいもあり、店に来た瞬間に周囲の視線を独占してしまったのだ。


 中には、目が蕩けてハートマークになっていると思える男性もいたぐらいである。

 控えめに言って、天使と表現しても差し支えないだろう。


 さすがはリア神。

 私服姿もリア充のお手本のようだ。



 まぁ、ここまではよかったんだ。



 彼女は最近よく来ているし、バイト内で話題に上がるぐらい有名になっていた。

 それはあくまで“1人の客”としてだ。


 最近よく送ってるとか、話すようになったとかは誰も知らなかった。


 知られていてもおかしくなかったが、店内で若宮が話しかけてくることがなかったから、他のバイトの人も気がついてなかったのだろう。


 だから、俺は油断していた。

 今日も若宮は、俺に話しかけてくることはないと……。


 しかし、俺の予想は外れーー



「おはようございます。常盤木さん。今日もバイトなのですね?」



 と俺に話しかけてきたのだ。



「………………え?」



 何が起こったか状況を掴めず、言葉が出てこなかった。



「ダメですよ。挨拶は基本の“基”です。されたのであれば返さないと。ですのでもう一度、おはようございます常盤木さん」


「ああ、おはよう……」




 俺は反射的に挨拶を返す。

 返事を確認した若宮は満足そうに微笑んだ。




「本日のバイト朝からだったのですね。えーっと、終わりは何時ですか?」


「18時の予定だけど」


「それは、丁度よかったです。私もそのぐらいに帰るのでをお願いしても……」


「いやいや、18時なら大丈夫なんじゃ? 必要ないだろ」


「私の両親、心配性なんですよ。ですので——」


「そういうことならいいよ。大した手間でもないしな」


「ありがとうございます。では後ほど」




 若宮はそう言い、最近の定位置となりつつある席へと歩いて行った。

 俺はその姿を見送り掃除を再開しようとしたところ、




「「「常盤木……ちょっと集合」」」



 と言われ、先輩達に連行される形で事務所に連れて行かれた。

 そこで、俺はまるで取調べのように根掘り葉掘り聞かれた。

 途中から何故か店長も参戦してるし……。


“いつもの”とは何か?

 もしかして彼女か?

 神のお名前は?


 などなど……。



 とりあえず答えづらいところは曖昧に答え、先輩達が落ち着くまで質問に答え続けたのであった。



 解放されたのは、それから1時間ほど後である。

 


 これはその時に先輩バイトから聞いた話なのだが……。


 若宮に対して、不可侵条約的なものがあり誰も話しかけず、いるだけで、見てるだけで満足。

 そんな存在にバイト内で昇華していたらしい。


 さすがはリア神。

 脱帽だよ、本当に。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます