あざみ

作者 六葉九日:ミステリーとユニバースの人です

すべてのエピソードへの応援コメント

  • へのコメント

    この度は私の自主企画に参加いただきありがとうございます!!!

    薊という花をよく知らなかったので、最初読んだときはピンとこなかったのですが、その画像を見て、花言葉を調べて納得しました。
    これは薊の特徴が最大限表された小説ですね。

    ここから先はこの小説を読んだ僕のただの妄想。
    紫色の髪を持つ凛とした美しい薊、しかし彼女の性格には棘があって誰も近づくことができない。そんな彼女は周りから距離を置かれるが、その姿は孤独ではなく孤高。まさに高嶺の花。でも強がりな彼女の表情から時折寂しそうな笑みがこぼれる。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    結構前の100字チャレンジで書いたものです!
    イメージはその通りですね。ただあまり考えたことないので、そう言われるとなんかイメージ絵描いてみたくなりました(笑)

    2020年5月23日 02:29

  • へのコメント

    薊は見た事あるだけの花でしたので、これだけ奥が深い花だとは知らなく、良い改めの機会になりました。そして100字丁度と言うのもテクニカルで、拍手です。今回は読み合い企画に参加有り難うございました!

    作者からの返信

    上津英 様
    コメントありがとうございます!
    あざみは一見花らしくないんですが、プライドと強さのある美しい花です!
    お褒めいただき光栄です。
    こちらこそありがとうございました!

    2019年7月21日 17:21

  • へのコメント

    ‪あざみ……花には疎くて調べてきたのですが、写真を見た第一印象は「気高く見える花」でした。花言葉が「独立、報復、厳格、触れないで」とのことで、先人も同じように感じたのだろうし、ここのかさんもそれに似た印象を抱かれたのかなと思いました。‬
    他の方も仰っているように小説よりは詩という感じですね。花の立ち姿から人間の姿を写し取る感覚は素敵だと思うので、そこから膨らんだストーリーも読んでみたいと思わされる作品でした。「復讐」なんて言葉があると、創作意欲に駆り立てられますね(笑)

    作者からの返信

    王子 様
    コメントありがとうございます!
    確かに私は最初も孤高な印象を持ってました。花言葉を読むともう一度花の写真を見れば、棘に見える花びらや実際に持っている棘の多さで、そのイメージが更に強くなりました。
    「綺麗なままで、復讐を誓う」なんてキャッチコピーみたいなものを思い付きましたが、少年漫画脳の私はまだまだなので勉強してからやってみたいと思います。

    2019年7月6日 15:31

  • へのコメント

    100文字でまとめているのがすごいです。「孤独」でも「孤立」でもなく「独立」っていうのが薊の強がりで、そこに弱さを感じるというか……。揺れ動きのある魅力的な文章を読ませていただきありがとうございました。

    作者からの返信

    間辺萌子 様
    コメントありがとうございます!
    花言葉を読みながらふと思い付きました!独立するには表に強さが見えますけど、裏に寂しさがあってもあまり知られませんよね。
    みんな、成功という現実しか見ませんから。

    2019年6月25日 23:15

  • へのコメント

    なるほど、これはエッセイというよりは詩ですね!
    詩の中に花言葉を織り込むというのは、斬新な発想で、僕もやってみたいなと思いました。
    それにしても、100字に縛るとは、なかなか高度な挑戦ですね。その分語彙力も必要になるので、なかなか簡単にできる所業ではないですよ。
    この度は素敵な作品を紹介してくださりありがとうございました。
    今後の活躍を陰ながら応援させていただきます。

    作者からの返信

    津島結武 様
    コメントありがとうございます!
    前一度自主企画で何を書こうかなって悩んで生まれた作品です。
    もしお気に召したら嬉しい限りです。
    応援もありがとうございます!

    2019年6月3日 14:21

  • へのコメント

    ツイッターより失礼します。
    たった100字の中で花の魅力を見事に表現されていて感嘆しました。
    言葉選びが巧みですね!
    ぜひ他のも読んでみたいです!

    作者からの返信

    長原 脩 様
    コメントありがとうございます!
    褒めていただき光栄です。
    他の作品は全く雰囲気が違いますが、良かったらぜひ、読んでいただけると嬉しいです。

    2019年6月2日 11:08

  • へのコメント

     自主企画に参加いただきありがとうございます。

     この企画に参加して頂いたという事は、「百合」を意識した詩なんですかね?
     そういう見方をしてると、ぞくっとする綺麗さが……

    作者からの返信

    鮮魚店のおぢさん 様
    コメントありがとうございます。
    特に百合は意識してませんが、どう捉えるのは読者様の自由です。
    ただもし百合が条件でしたらよく要項を読んでなかったようで本当に申し訳ないです……。

    2019年5月29日 23:13

  • へのコメント

    花言葉を交えた薊をうたった詩が魅力的です。美しさを感じました

    作者からの返信

    八幡西県研究室 様
    コメントありがとうございます!
    100字であざみの魅力を伝えられるか不安でしたが、そう言っていただけると嬉しいです!

    2019年5月8日 18:08

  • へのコメント

    ここのか様、企画にご参加下さりありがとうございます。

    さて『あざみ』ですが、『薊』と書くのですね。勉強になりました。と言っても覚えられませんが。(笑)

    花言葉に解説を付けた面白い試みです。

    昔人間の私は『あざみ』から演歌の『恋あざみ』を思い浮かべてしまいました。

    美しいのにトゲがあり、プライドと独立心があるので好きな相手にも素直に寄り添えない、酒場の仇花を謳った自虐的な歌です。

    花言葉だけでいろんなことが想像できて楽しかったです。

    作者からの返信

    大木 奈夢 様
    初めまして、コメントありがとうございます。
    自分はあざみの花言葉が好きで、「個性」をちゃんと書けたらなと思って書いてみました。
    滑らないようにちょっとググったのは内緒です。

    プライドがあり好きな人の前で素直になれない……ツンデレですね(違う)。

    引き続き、既存作品ですが、第三週と第五週も参加させていただきたいと思います。
    よろしくお願いします!

    2019年5月6日 15:11