未来都市労働異聞

作者 電咲響子

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 未来都市労働異聞へのコメント

     機械であることそれ自体が目的化した世界ですね。

    作者からの返信

    応援コメントありがとうございます!
    人間が機械に魂を与えたのは都合よく利用するため、という設定です。
    自律した道具ほど便利なものはありませんから。

    2019年8月4日 15:06

  • 未来都市労働異聞へのコメント

    企画からお邪魔しました。

    命令には背きましたが、それで良かったのでしょうか。
    魂、記憶、体、感情……何をもってどちら側ときめるのでしょうか。
    どれにせよ、人間優位な考え方になるのか……

    突き詰めると深い作品です。


    個人的な思想になりますが、いつか『機械が人間に記憶を与える』時代が来ると思っています。
    人間の体にUSBが付けられ、音楽を聴くように自身の望む記憶を取り込む。
    それを機械が管理する。

    作者からの返信

    応援コメントありがとうございます!

    ADR-00002019は処分される覚悟で"同類"を自由にしたのですが、それも実験に過ぎなかったという……
    人間(の支配層)にとっての理想都市を築くために必要なものを、労働者の観点から描いてみました。

    おお、USBで記憶を取り込む世界!色々とおもしろいことになりそうです。
    その時代には、きっと人間を管理する機械を管理する人間がいるのでしょうね。

    2019年5月3日 16:40

  • 未来都市労働異聞へのコメント

    機械、あるいは人形に心が与えられ、記憶が残るようになったなら、そこに人との違いはなくなってしまいそうですね。
    だから彼らは死という自由を望むのでしょうか。
    アドラの背景に深い世界観が見え隠れしてますねぇ。短編連作とかで読んでみたいです(^^

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    設定に盛り込んだテーマの中の「同じものを別の角度から見る」を意識して、今回はロボット(Android, Humanoid)側から世界を覗いてみました。

    素体の再利用に不手際があったら?それすらも実験の範疇だったら?等等、"支配者"になったつもりで書いたため、どろどろしています(笑)

    せっかく創った世界観なので、できれば"再利用"したいな、と。次は人間側から。

    読んでくださりありがとうございました!

    2019年5月1日 21:17 編集済

  • 未来都市労働異聞へのコメント

    ご自身の作品で描かれている世界でしょうか。
    重厚な世界観に惹かれました。
    他のエピソードも読んでみたいと思いました。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!
    この作品は完全新作で、新しく設定等を創りました。
    なので、世界観を気に入っていただけてとても嬉しいです!
    今回は"ユートピア"で働く始末屋のお話でしたが、
    機会があれば同じ世界の別視点から書いてみたいですね。
    またぞろ陰鬱な物語になりそうですけれど(笑)
    拙作を読んでくださり、ありがとうございました。

    2019年5月1日 15:40