昔日を謳え、我知らぬ遠き日を。

作者 糾縄カフク