2019/09/14 23:30/鷦鷯飛蝗

夕陽に黄ばんでいく

壁紙を剥がす

爪を剥がす

現れた木目に書き遺す血の

朱すら黄色く悶えて潜る

遠く旅して体も透けた

今ここにある心も溶ける

居るはずのない場所に至って

実感も全部どこか消えたのなら

身を抉っても詮のないこと

血を記しても意味のないこと

その指先は生きるために塗れ

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます