2019/08/22 22:37/鷦鷯飛蝗

全身と心が

鈍感さに悶えて

萎れない愚鈍さに穴を開けよう、君の針でつついて

血と意味とが溢れ出してきっと僕

潰れてしまうから

吸い出して、空っぽの僕

裏返って初めて気付く

傷だらけの表皮

なぞる人もなくて

見えない、触れない、届かないとこが

傷だらけの未だ

血溜まりの夜だ

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます