2019/07/16 20:31/鷦鷯飛蝗

世界なんてつまらなかった

物語が欲しかった

そこら辺の草も

いつも通りの夕焼けも

どうでもよかった

音楽より画像

画像より映像

インタラクティブなんて知りはしなかった

語りかけても応えてくれないと思ってた、世界は


それは違うんだって、光、教えてくれたのは君だった

色を知らなかった

雨音も聞こえなかった

僕に世界の観方を教えてくれたのは君なんだ


道行く猫にも目を留めさせて

死にゆく午後にも陽を暮れさせて

そう願ったのはそれよりあとのいつだったかのこと

ただのセルロースでも

刳り込まれた無限の複雑性が心を揺らす

揺れる心をつくってくれたのも君だよ


でも君は僕じゃない

大丈夫、忘れてない

空のやりきれなさと同じくらい自明に、うん、わかってる

今歩むこの脚も

立ち止まって木々撫でるこの指も

君のじゃない、僕の、なんだ


伝えないでいよう、止まらない朝

黙って送り出す朝を

いつかと夢見て

会えない今日も躍るのだ

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます