2019/06/07 0:18/鷦鷯飛蝗

固着した炎熱が

蜻蛉喰らって説き伏せる

茹だりそうな

ギリギリのぬるま湯

プールの塩素臭が鼻をついて

忘れたかったはずの時間

埋めたかった隙間

暮れないままの空で

いつまでも居れたらって

君と

二度と笑いあえやしないなんて知らなかった

いっそ

要らないなんて言えたらって

バカは俺だ

すえたような思い撒き散らして

壊れたような自己吹き散らして

泣いたことでさえ忘れて

知らなかったなんて平気で今更叫んでみる

誰も、誰も見向きもしない、しないで、しないでくれ

お願い、だから……

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます