2019/05/22 18:57/鷦鷯飛蝗

散文詩なんてのは、そう、日の暮れきる前、田んぼの裏手に、遠くから響くサイレンとか


いつもと違う角度から見た借家の景色とか


あと、端的に君とか

きっとそういうものだ


そんな空間で不用心にも屁をこいたりするもんで、これもまた散文詩だ


排水溝には髪の毛と皮脂と汚れと石鹸滓が絡まるし


シンクの隅はカビてくるし、ハイターはクソの役にも立たない


そんな中白壁に射してるなけなしの夕陽なんかを、俺は、散文詩なんて呼んで、だってもう、そうでもしないとやっていけない

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます