2019/05/22 8:57/鷦鷯飛蝗

内臓をぶちまけた猫が干からびていて、俺は10歳やそこらだった

道端、安らかな顔で猫が倒れ伏していて、

俺は18になったところだった

どちらも実家を離れた場所で

仮寝の宿居やどいの我が身が見えた

あの、肉です、といった具合のグロテスクな死体より

生きたままカーペットみたく寝ていた姿態の方に

俺はぎょっとした


徹頭徹尾直線的にだらけたあの形は

誰かが寝かせでもしたのだろうか


日向ぼっこじゃないのはわかりきっていて

むくりと起きあがろうはずもないのが

妙に不思議だった


本当に安らかな顔をしていて

ちょっと分けてもらいたくなった


地に敷かれた側が醜く歪んでいるなんて

知らなかったから

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます