2019/05/20 17:58/鷦鷯飛蝗

「そんないいものじゃないよ」

雨の匂いなんて、

と母さんは言った

水が涸れた年

巡るはずのものが途絶えたのはずっと昔のこと

母さんがまだ子供の頃のこと

語られなかった思いと

告げられなかった託宣を頼りに

僕は旅に出た


大層なものじゃなかった

水を見つけなくちゃいけないだけだった

でも、見つからなくて、どこにもない、ありはしない、ので、

どんどん遠く、すべての理由と、水と、どっちがほしかったのかもあやふやな日々


辿り着いた水甕は、

まわりまわって枯れ果てた、僕の旅立ちだった

龍神は荒れ狂う川の神とされ、それは誤解であり、寧ろ吸い上げ涸らすものだった


そんなこと知らないままに

今更帰れもしないと

前だけ見ていた僕は

今更こんなになった村を

ただ突っ立って見てる

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます