2019/05/17 12:44/鷦鷯飛蝗

鏡面を滑る鳥たちは

囀りながら空に降り立つ

向こう見ずな陽射しが

病的な僕の白をなぞって

浮き上がった血管とか

どういうわけか走る筋肉痛とか

そういったものに死を指摘しだす


僕は図書館の半地下へ逃げ込んで

一定の温度と湿度に

羊水に包まれる子供のように

抱かれて眠る


ずっと変わらないこの環境の中で

不変を普遍と言い做して

塵に埋もれて嚔なんてかましてたい

誰もいない、密な書架と書見台の吹き抜けとにそれが響いて

反響してかえってくる

僕は本を閉じて伸びをする

たまに窓から人の往き交う靴の群だけ見たりして

どこもかしこも夢だらけ

寝るも醒めるも夢だらけ

忘れないで

掠れないでいて

探さないでおいて

いつもいつでも

幸せ、なんだから

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます