2019/04/22 16:23/鷦鷯飛蝗

弾けるような夏を、波が響かせる足音の拡がりを聴いていた


聞いたことのない謌を思い出していた


誰にだってあるだろう、ありふれたことなんだ、そうなんだって言ってくれ、信じさせてくれ


登ってきた坂を降らずに帰ることなどできはしないんだって、忘れさせてくれ


消極的に息をとめさせて、思い出したように浮足立たせて


犇めき合って剥がれ落ちるまで

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます