3 生徒会とフェアリーキャッツの同盟

 千田中央駅前には五十人を超える若者たちが集まっていた。

 彼らは一様に武装し、滾る血を燃え上がらせながら大声で仲間たちと騒いでいる。


 フェアリーキャッツのいつもの風景であったが、身に入る熱は普段とは比べ物にならない。

 彼らがこれから身を投じる戦場を思えば常に倍する興奮があって当然だった。


 自身もその輪の中に混じっているリーダーの深川花子は、


「生徒会が来ました」


 というメンバーの知らせに仲間たちとの会話を中断する。


「こんにちは」

「やっほ」


 彼女の所にやってきたのは麻布美紗子と生徒会役員たちである。

 本来なら相容れないはずの相手だが、今日からは対豪龍組の強力な同盟仲間だ。


 生徒会は街の有力者全体の相互協力を呼びかけていたが、先日の同盟会議は失敗に終わった。

 その後のゴタゴタもあって立ち行かなくなり、ついにフェアリーキャッツと個別の同盟を結ぶことを決意したのである。


 以前に花子が力を貸すと言った時、美紗子の返事は前向きではなかった。


 豪龍討伐後の覇権の行方を気にしていたのだろうが、奴らに捕えられている人質の件が公になったことや、行方不明のエイミー=レインの子供たちのこともあって、豪龍の討伐こそ何より優先すべきと認識を改めたようだ。


 目の前の障害を取り除かなければ混乱は酷くなるばかり。

 もちろん、花子に彼女らの協力を断る理由は何もなかった。


 生徒会との共同作戦と言っても豪龍組をフェアリーキャッツが打倒するという事実に変わりはない。

 その後の戦力増強も行い易いし、豪龍に代わって街の覇権を手にすることも不可能ではない。

 捕らわれている人質を解放すれば生徒会に貸しもできる。


 花子が街の王者になった暁には、秩序ある街を取り戻すつもりである。


「で、どうする。やっぱ正面から殴り込む?」

「……それしかないでしょうね」


 荏原恋歌による襲撃を受けが豪龍組の勢力は一時的にとはいえ低下している。

 彼らを除けば最大のチームであるフェアリーキャッツが正面から当たる。

 混乱する中をさらに少人数で一気に中央突破し、豪龍を撃破する。


 先陣を切るのは花子と美紗子。

 そして赤坂綺とフェアリーキャッツのサブリーダーである大森真利子である。


 数にものを言わせて荏原恋歌を撃退したとはいえ、万全の状態で挑めば負けるはずがない。

 仮にヘルサードを盾にしてきたとして、その対策も考えてある。


「んじゃ、行こうか。殴り込むなら早い方が――」

「ちょっと待ってもらえますか」


 やる気満々の花子に横から言葉を差し込む人物がいた。

 振り向くと、フードをかぶった背の低い女が立っていた。


 中学生くらいだろうか、フードから除く顔はずいぶんと幼い印象である。

 フェアリーキャッツのメンバーではないし生徒会の役員でもない。

 だが、どこかで見たことがあるような気がする顔だ。


「失礼ですけど、どなたでしょうか?」


 美紗子がその少女に問いかける。


「ルシールと言います。あなた達の計画している支社ビル襲撃作戦を中止してもらうために来ました」

「あんた、なんで作戦のこと知ってんの?」


 生徒会との合同作戦を決定したのはつい昨日のことである。

 部外者はもちろん、チームメイトに伝えたのもついさっきだ。

 

 情報が漏れるとは考えられない。

 何より、この大人数を前に作戦の停止を呼びかけるなど正気の沙汰とは思えなかった。

 豪龍に与する敵だと見なされれば袋叩きにされても文句は言えない。


「誰だか知らないけど、邪魔するようなら……」


 多少の苛立ちを込めた花子の言葉を遮り、ルシールと名乗る女は懐から紙切れを取り出した。


「支社ビルの見取り図です。幹部クラスしか知らない秘密の通路も完璧に記してあります」

「なっ……」


 花子は絶句した。

 これが本物ならば凄まじく有益な情報だ。

 最低限の人数で豪龍の下にたどり着くのも非常に容易になる。


「中止とは言いましたが、実際には変更してもらいたいだけです。少数で豪龍を狙うという基本は同じですが、正面から乗り込むのではなく、グループの人たちには外で誘導と牽制をしてもらいます。その間に三人の精鋭がこの通路を通って一気に最上階へと向かいます」


 彼女の言う方法を採用すれば、全体による正面突破と比べて犠牲も少なくて済むだろう。

 戦後の再編成を考えれば花子にとっても都合がいい話であった。

 しかし、引っかかることがいくつかある。


「ルシールって言ったよね。あんた、何者なの? なんでこんな情報を知ってるの?」

「私は水瀬学園の学園長、エイミー=レインの妹です」


 ルシールがフードを脱いだ。

 目の覚めるような水色の髪がふわりと広がる。

 言われてみれば学園長に似ている……と言うより、髪形を除けば瓜二つだ。


「情報源は言えませんが、信頼できる筋から流出したものです。私の案を受け入れてもらえるのでしたらこの見取り図をお譲りしましょう」


 花子は美紗子と顔を見合わせた。

 犠牲を少なくする作戦なら美紗子に反対する理由はないだろう。

 彼女はエイミーの妹という出自を聞いて、この少女を信頼しそうになっている。


 だが花子はまだ納得できない。


「三人で乗り込む言ったよね。それは誰?」


 当初の予定では、最終的に豪龍に挑むのは生徒会とフェアリーキャッツから二名ずつ、計四名の予定だった。

 手柄を立てる戦力を均等させることによって互いを牽制しあうという意味もある。


「あなたとあなた、それから私です」


 ルシールは花子と美紗子を順に指差し、最後に自分を差した。


「赤坂綺さんや大森真利子さんには牽制部隊に回ってもらいます。彼女たちがそちら側に加わることで、他の人たちの生存率を大幅に引き上げることができるでしょう」


 納得できる道理である。

 しかし。


「こっちの戦力ダウンをカバーできるほどあんたの力は期待できるの?」


 花子はポケットからジョイストーンを取り出した。

 彼女の力を試すと同時に、ちょっと脅してやろうと思ったのだ。

 エイミーの妹だかなんだか知らないが、いきなり出てきて命令されるのは気に食わない。


 花子のジョイストーンが手の中で姿を変え、銃の形になる。

 同時に花子は横に大きく跳んだ。


 相手が着地点を目に捉えた時にはすでに花子はその場にいない。


 猫のごときスピードと身のこなし。

 動きを追えるのは同じSHIP能力者くらいである。

 瞬く間にルシールの背後を取った花子は、彼女の左肩に狙いをつけ銃口を向けた。


 花子のJOY≪大英雄の短銃センチメンタルヒーロー≫である。

 拳銃を具現化する能力で、その攻撃力は本物の拳銃にも匹敵する。

 特筆すべきは、具現化したものとはいえJOYによる攻撃であるため、Dリングの守りの上からであっても一定のダメージを与えることができるということだ。


 能力としての汎用性は低いが、SHIP能力を合わせることで一撃必倒の武器となる。

 この二つの能力を駆使して花子は今の地位に昇りつめた。


 殺すつもりはない。

 軽く腕を弾いて脅してやろう。

 花子はそんなつもりで引き金を引いた。


 しかし――


「なっ!?」


 ルシールはわずかに体を横に動かして弾丸を避けた。

 ≪大英雄の短銃センチメンタルヒーロー≫は威力だけでなく弾速も本物の拳銃と変わりない。


 銃弾を放ってから避けられる道理はない。

 たとえSHIP能力者であっても絶体に無理だ。

 背後から撃った攻撃をかわすことなど不可能なはずだ。

 いや、不可能なはずだった。


 ≪大英雄の短銃センチメンタルヒーロー≫の弾速が、通常よりもずっと遅くなっていなければ。


 本来なら引き金を引いた次の瞬間には相手を撃ち抜いているはずの弾丸が、ルシールが攻撃を避けたことに花子が十分な驚きを感じるだけの時間をかけて、ようやく地面にめり込んだ。


 一体何が起こった?

 訝しみながら、花子は視界がやや黄色がかっていることに気づいた。


「これは……」


 地面から立ち上る陽炎のように、黄色い空気が視界を歪めている。

 それはルシールを中心に半径十メートルほどの範囲だけに見られる現象のようだ。


 これが、この女の能力?

 能力を弱体化させる空間を作り出す能力!?


「≪黄聖空間サークレッドエリア≫。この空間内でJOYによる攻撃を私に当てるのは不可能です」


 花子は驚愕した。

 そして僅かな恐怖も覚えた。

 これまで様々なJOYを見てきたが、こんな能力もあるのか……


 それだけではない。

 いくら弾速が遅いとはいえ、ルシールは背後からの攻撃に気づいて避けた。

 それはつまり、彼女もまたかなり優秀なSHIP能力者であるということの証明である。


 花子は自身の動きに対する制約は特に感じなかった。

 どうやら力の弱体化はSHIP能力にまでは及ばないらしい。

 ならば、SHIP能力だけで戦うことも可能だが――やめておいた。

 ルシールの考える作戦の意図がはっきりと理解できたからだ。


「なるほど。あんたのサポートがあれば、あたしやみさっちに敵はいなくなるね」


 振り向いたルシールがニコリと微笑んだ。


 ジョイストーンから超能力的な力を引き出すJOY。

 対して、自らの肉体を強化するSHIP能力の使い手は決して多くない。

 今のL.N.T.に生き残っている中でも、花子と美紗子を除けば十人にも満たないだろう。

 豪龍組には間違いなくいないはずだ。


 JOYを封じられた戦いになれば、まさにSHIP能力者の独壇場である。

 攻撃の要が使えない花子も弱体化することは否めないが、それでも非能力者など敵ではない。

 一時的に能力制限が復活した状況とほぼ同じになる。


「おっけ。あたしはルシールの作戦に賛成だ。みさっちは?」


 美紗子はルシールと花子を見比べ、少し思案した後、やがて決意をしたように強く頷いた。


「わかったわ。彼女の言う通りにしましょう」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー