教育ースキル継承

 王都や領都にはかなり大規模な境界が存在している。

 王都には神殿も建てられているが、こちらは儀典的な意味合いが強く、大規模な宗教儀式を行う場合に使用される。

 普段は王国の観光資源として一部が解放されている。

 王都や領都以外の教会はそれほど大きくは無いが、大きな村であれば数十人の教会関係者が住み込んでいる。


 サピエ王国に於いて教育=スキル習得という考え方が一般的。

 スキルを習得し職業を獲得すると自然にそれに付随する知識を得られるためだ。

 この特性の為に技術の拡散は容易であるが、技術や知識の多様性が乏しいという欠陥も抱えている。


 それと、司祭や司教となると保持している戦闘系のスキルのお陰で、彼らの戦闘力はかなり高い。

 司教ともなれば上位スキルを保持しているので、その戦闘力は推して知るべしである。

 賢者や守護騎士などと言った上位職についてる。


司教

王都と三つの領都と大きな町の教会に居る。

高位のスキル継承が行えるものが付くことが出来る。

派生形、発展形のスキル継承が可能。


司祭

大きな村では彼らが教会関係者の中で最も暗いが高くなる。

中位のスキル継承が行えるものが付くことが出来る。

生活系のスキルの他に、戦闘系のスキル継承が可能。


助祭

司教及び司祭の業務の補助を行う立場の存在。

低位のスキル継承が行えるものが付くことが出来る。

農業畜産などの生活に関するスキル継承が可能。

各地を巡り説法を説いて回っている。


 教会が存在していない小さな村落では、説法の為に訪れた助祭と教会騎士団から、農業系のスキル継承を受けるか。

 自分の足で教会のある街へと赴く必要がある。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます