俺に彼女が出来ないのは、どう考えても俺のブサメンのせい、だった……

作者 杜社