2019/10/22

またサボってしまった。

気分が乗らないと書かないわたし。

ぜったい職業作家なんてムリ〜。





今週の鬼滅:


上弦の壱の鬼を、ついに倒しました。

この鬼の双子の弟は日の呼吸の創始者でした。

天才として生まれた弟への猛烈な嫉妬から、兄は鬼になったのです。


嫉妬という執着が、人間を鬼にしました。

たとえ嫉妬しても、執着しなければ鬼にはならない。

執着が鬼にするのです。


しかし。

鬼を滅するために自分の命まで投げ出す鬼殺隊のみんなも、まさに執着していますよね?


ノーベル賞を受賞された吉野彰さんもおっしゃっています。

研究への執着が大切だと。


みなさんは、どう思いますか?



今週のアクタージュ:


す、すごい。

やっぱりすごい。

なにが?

この世界の大きさです。


王賀美でさえ、自分をスターだと思わせるスターがいるのです。

この世界には、上には上がいる。

その作品に愛された、その時の頂点がいる。


世界は広い。

そして宇宙は無限。

(?)



今週のチェンソー:


天才、藤本先生。

そう来ましたか。

というより、そう来たその先がすごい。

ロシア語で埋めているビジュアルが、その後のブレた2人の描写へ続き、絶妙な効果を生んでいます。


ああ。

少年マンガ。

ここまで来たか。



付録:

今週の驚き‼️


遠藤達哉 先生 作の「SPY×FAMILY」❗️❗️❗️

JUMP+ で連載中の作品が、1話だけ少年ジャンプにお目見えとのこと。


いやあ、ぶったまげました!


なにが?


遠藤先生のうまさに!!


絵もうまいし話もうまい。

ありがちなプロットなのに新鮮で、わたしは引き込まれちゃって。

一瞬でキャラを好きになってしまって。

嫌なストレスを感じさせず、ハラハラさせられて、笑わせられて、最後はすがすがしい。


ありえない!!


チェンソーの藤本先生が天才だとすると、遠藤先生は「超秀才」です。

優等生すぎます!

全科目90点オーバー。

体育も音楽も家庭科すらも!


おまけにキャラの絵が手塚先生や石森先生やその他たくさんの懐かしい感じを醸し出しています。

うますぎる!!!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます