アントニオ悩む

 アントニオは夕闇の中を歩いていた。

 フランチェスカは、今夜は賭場に出かけている。


 べつに心配ではない……そこに、ロリタが乗り込んでいなかったらば。


 先刻自分にとんできた知らせを聞いて、アントニオは眉を寄せざるをえなかった。

 なんでも、フランチェスカとロリタで不埒なゲームを行っているらしい。

 フランチェスカも、あれで節度を保っているから無茶はしないだろうが――。


 どうするべきか。


 家で落ち着いてもいられず、アントニオは様子を伺いに自然と賭博場へと足を向ける。


 道中、数人の役人が慌ただしく隣を過ぎていった。

 考え込むあまり最初は気に留めていなかったアントニオだったが、はたと気づく。


 通り過ぎていった役人の顔には心当たりがある。嫌な予感がして、アントニオは空を仰いだ。

 そして頭をさげて首を振ると、進路を別の場所へと変えたのだった……。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます