『雑魚』と罵られた少年は、やがて世界を救うのだろう。

作者 望木りゅうか