第3話



家具が散乱し、床板は剥がされ、書物が投げ散らかされた一室。

そこで眼鏡を掛けた神経質そうな男がしゃがみ込み、何かを探している。

学者か研究者でもしているのがお似合いな、線の細い男だった。



「手掛かりは見つかったか?」



その男に話しかけたのは、二メートル近い身長を誇る大柄な男だ。

鋼の如き筋肉で身を覆われている。

剥き出しの腕と顔には大小様々な傷跡が見えた。

その中でもひときわ大きな傷は、サングラスを掛けていても分かる、右目に走る傷だ。



「今の所は、ない」



圧倒的な暴力の気配を滲ませる男に、背中越しに答える。



「だが、元々この手の調査は根気が必要なんだ。無論、時間がないのも分かってはいるがね」



一見、怯えの気配はない。

しかし、声が硬かった。



「頼むぜ? 村に来てもう三日。いい加減、雇い主様がおかんむりだ」



それも、良く分かっている。

もし見込みがないと思われれば自分は終わりだ。

すぐさま後任を見つけ出し、後任へのみせしめに残虐な方法で殺されるだろう。



「隊長、報告が」



ノックもなく、一人の男が入ってきた。



「ただいま、最後の一人が死にました」

「情報は?」

「…………」



無言で首を振る。

その男は手早く報告を終え、早々に退室した。



「おいおい、拷問でもすればすぐに吐くだろう、だっけか? たっぷり時間をかけていたぶってはみたがよ。全員が何を言っているのか分からない、何も知らない、らしいぜ。どうする?」



ニヤニヤと、思い通りいかなかった事すら楽しんでいるような口調。

それとも、自身が拷問した時の事を思い出しているのか。

結局この男にとっては他人事なのだ。

自分が楽しめれば、それでいいと思っている。



雇い主がどんな男か知っているのなら、普通はお互い同じ立場だと分かるはずなのに。

これだから話の通じない短絡思考は嫌いなのだ。



「なあ、おい。本当にここで合ってんのか?」

「間違いない」



嘲りを含んだ質問に、断固たる決意で返す。



「こういった場合、必ずその土地になにかのヒントを残す。そういうものだ」

「口伝の可能性が高いと聞いたが、村人は全員死んじまった。次はなんだ?」



いつの間にか、近くに寄った大男が肩に手を置いた。

びくりと、一度だけ体が震えた。

出来れば文句を言ってやりたかった。

せめて数人は生かしておいてほしかったと。



無論、言った所で無駄なのだろうが。

知らなかったとはいえ、見せしめに殺した相手が村長の妻だったのは大きなミスだった。

だから最後の一人、村長は、水すら飲まずに自死を選んだ。

必死で平静を装いながら調査を続行し、その最中に見付けた一枚の写真を手に取った。



「…………捕まえた村人の中に、少女はいたか?」

「…………ああ、見てないなあ」



隊長と呼ばれた男の口元が歪む。

新たなおもちゃを見付けたとばかりに。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます