第40話【VS〝バルクス〟子育て日記二日目 組み手編その3】


 鳴り止まぬ歓声とは裏腹に合図と共に動くものはおらず、身構えるバルクスに対し、胴着をだらしなく着ているニッシャは時折、肌蹴はだけそうな服を直すと、眠たそうに欠伸あくび数回すうかい程しながら徒歩で男の正面へ立つ。


 何か策があり仕掛けてくる素振りもなく、ゆっくりと近づく女に対し、己を馬鹿にされているどころか、眼中にないように振る舞われていたため、バルクスは挑発を行う。


「ほー、あくまでも構えはせず、無謀にもこの鍛え上げられた、【鋼の肉体】に立ち向かうか!!実に面白いぞ……ならばよかろう、一人の男として先に攻撃を受けてやろう」


 そう言って、再び胴着の上半身だけ脱ぐと、恐ろしく発達した上腕二頭筋~大胸筋のラインを強調したポーズ【サイドチェスト】をほとばしる汗とダイアモンドの様な白い歯の男は、まだうら若き乙女に対し、至近距離で変態の如く見せてくる。


 ニッシャは【攻撃していいぞ】と半裸の男サンドバックが言った瞬間、既に攻撃を仕掛けており、無数の拳による乱打と共に風船が破裂したような音が、バルクスを中心に周囲へ響き渡る。


 花火でも打ち上がっているような、あまりの音量に耳を塞ぐものや、手の動きが速すぎて見えぬものが約6割にも昇り、誰もがニッシャの底知れない強さに感服せざるを得なかった。


「へぇ、やるじゃない……だけど、バルクスには並大抵の打撃だげきじゃ膝を着かせるどころか、自慢の肉体に傷すら付けれずに負けるわよ」


 解説役の様に1人で観戦するアイナの頭上には、体力が無尽蔵ではないかと錯覚してしまうほど、パワフルに遊んでいる子ども達二人の姿があり、ミフィレンとラシメイナが、協会特製の宙に絵を描ける魔法筆マジックペンを使い、各々自由な発想で作品を造っていた。


「綺麗な容姿に思わず見惚れてしまったが、計80発といった所か、蚊でも刺したかの様な感覚……やはりこの肉体を傷つける者はおらぬということだろう」


 山のように動かぬ筋肉バルクスに対し、1分ほど続いた打撃を止めると、勘弁したのか両手を後頭部に回し、髪の中へ隠していた煙草を口に咥えながらこう呟いた。


「あんたみたいなドM野郎にこっちから一方的に殴るのも疲れたし、お前も攻撃してこいよ?まさかそのハリボテ筋肉で女は殴れないとか言わないよな?」


 至近距離でそう言われると、熱くなるやすく目の前が見えなくなり、挑発に乗りやすい性格のバルクスは、顔を真っ赤にさせると先程のニッシャ同様、目にも止まらぬ速さで顔を除いた全部位へ【拳】と【足技】の応酬おうしゅうを続ける。


 全ての攻撃が、容赦なく、そして正確に華奢きゃしゃなニッシャの体を襲い、今度は爆発の様な音が道場内に響き渡ると、周囲の弟子達はバルクスの本気を見れたことに感動したのか、全員が拍手スタンディング・喝采オベーションをし始める。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます