第88話 理由があれば繋いでいいのかな

「ここなら、人はそんなにいませんし、練習にもってこいですね」


「そ、そうだね……」


(流れるプールは人気で人が多いから、こっちの温水プールまで移動したけど……実際、入ってみると温泉って気分になっちゃう。入ってる人もおじいさんやおばあさんが数人いる程度だし……)


「思井くんどうしたんですか? 始めますよ?」


「えっ、う、うん――」


「どうしたんですか? ピタッと固まって」


「い、いや……高嶺さん、手……」


「手? ああ、どうぞ、握ってください。握らないと怖いですもんね」


「そ、そーなんだけど……何て言うか……」


(えっ? 本当に良いの!? 高嶺さんと手を繋いで良いの!?

 高嶺さんとは何回か手を繋いだことはあるよ!? こ、恋人繋ぎだってしたことあるし……。でも、あの時は突然だったから意識する暇もなかったというか……それに、僕も変に興奮していたからと言うか……。

 高嶺さんが僕の腕に抱きついてくれた時もあったけど……あれだって、高嶺さん曰く、僕を守るためみたいな感じだったし……。

 で、でもでも。いつだって、理由があれば手を繋いでいたんだし、今だって浮くことを教えてくれるっていう理由があるから――)


「じゃ、じゃあ……握らせてもらうね……」


「はい」


「な、なんかゴメンね、高嶺さん」


「いえ。頑張って浮くようになれたら、あっちに戻りましょうね」


(流れるプールから温水プールに移動させたことも悪いとは思ってるけどそうじゃないんですよ! 僕は、教えてもらう立場なのにドキドキしちゃってるんです!)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます