第30話 高嶺さんの話し方

「じゃ、じゃあ、次、高嶺さん。高嶺さんはどうして敬語なの?」


(笠井さん。なんだか、足をモジモジとさせながら高嶺さんへ話題を変えたぞ……。僕の話し方はどうだったの?)


「どうしてと言われましても……気がつけばこうやって話していたので理由なんてありません」


「はぁ~じゃあ、やっぱり、お嬢様って噂はホントだったんだ」


「いえ、私はお嬢様ではありません」


「え、そ、そうなの!? 皆、お嬢様って噂してたからそうだと思っちゃった」


「その噂は誰かが口にしたデタラメですよ」


「え~、じゃあ、家でも敬語なの?」


「はい。お母さんとお父さんにはですけどね。お姉ちゃんに対してだけは普通に話してます」


「え、逆になんで、お姉さんには普通に話してるの!?」


「……さぁ? ただ、なんとなくというか……お姉ちゃんだからですかね?」


(……まぁ、あのお姉さんに対してだもんな……)


「そっか~。姉妹の絆か~。それじゃ、高嶺さんは仕方ないね~」


「仕方もなにも、私は元から変えるつもりがありません」


「……あの、僕は――」


(う……高嶺さんと笠井さん顔を見合わせて――これは、また怒られ――)


「……ふふふふ」

「……アハハハ」


(あれ、怒られない? それどころか、高嶺さんはクスクスと、笠井さんは元気よく笑ってる)


「思井くんの話し方は新鮮だと思いました。私は嫌いではありませんよ」


「うんうん、私も嫌いじゃないよ。違和感は感じるけどね。あと、えっちなんだってことがよく分かったよ」


「はぁ……」


「ま、だから、徐々に変えていけばいいんじゃない? 私達にはもう敬語じゃなくて大丈夫でしょ。ね、高嶺さん」


(高嶺さんと付き合い始めて、ずっと敬語で話してたけど……僕が敬語で話さないことを高嶺さんはどう思うんだろう? 嫌いじゃないとは言ってくれたけど――)


「ん、どうしたの、高嶺さん。思井くんのことじっと見つめて」


「そうですね。思井くん、私にも敬語じゃなくていいですよ」


「そう、です……そ、そう? じゃあ、頑張ってそうしようかな……」


「そうしなよ~。あ、いつの間にか、これで最後だね。やっぱり、楽しみながら作業すると早く終わるね。よっし、これで終わりっと」


「あとは、職員室に持っていくだけだけど……結構、重いし僕が持っていくよ」


「お、流石、男の子だね」


「失礼しますよ~」


「「「先生」」」


「あ、ちょうど終わったようですね。量が多いにも関わらず、手伝ってくれてありがとうございます。職員室には私が持っていくので三人はもう帰っていいですよ」


「本当!?」


「はい、お疲れ様でした。高嶺さんも日直じゃないのにありがとうございます」


「いえ、私がやるべきだと思っただけですから」


「高嶺さんがそう言ってくれる生徒で良かったです。それじゃ、さようなら~」


「「「さようなら」」」


(……先生、よろよろと戻っていったけど大丈夫かな? まぁ、大人だし大丈夫か。それに、これくらいは手伝ってもらっていいだろ)


「それじゃ、私達も帰ろっか!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます