第25話 あ~ん

「あ、高嶺さん。また、タコさんウインナー入ってるんですね」


「はい、好きなんです!」


(知ってます!)


「タコさんウインナーは、どれだけ食べても飽きません!」


(熱い……それだけ、タコさんウインナーに燃えてるんですね、高嶺さん!)


「今日は思井くん、お弁当なんですか?」


「うん。お母さんが作ってくれたんですよ」


「あ、思井くんのお弁当にもタコさんウインナーが入ってます!」


「本当ですね」


(今日は珠も弁当がいる日だったし、お母さんそれで作ったんだな)


「高嶺さんは、自分で作ってるんですか? それとも、お母さんが?」


「私です。朝はマ……お、お母さんも忙しいので。それに、自分で作ると好きな物ばかり詰め込めるんですよ!」


(高嶺さん、小さな宝箱を見つけたように喜んでる……そんなに、好きなんですね!

 確かに、高嶺さんの弁当は一段と輝いて見える……!)


「高嶺さんの手作り弁当……美味しそうですね」


「えっ! そ、そうですか!?」


(そりゃ、そうだよ。だって、高嶺さんの手作りだよ? 食材だって、高嶺さんに調理されて喜んでるよ!

 さてと、僕もお母さんが作ってくれた弁当を――うん、美味い!)


「美味しそう……美味しそう……」


「高嶺さん、早く食べないと時間なくなってしまいますよ?」


「あ、あの、思井くん! その、よ、良かったら、タコさんウインナー、交換しませんか!? お、お互い入ってるので……」


「……い、良いんですか!?」


「はい。その、思井くんのタコさんウインナー、食べてみたいです……。後、玉子焼き、落としてます……」


(そ、それは、意味深です……)


「じゃ、じゃあ、お願いします……」


「はい。どうぞ」


(た、高嶺さんのタコさんウインナーが僕の弁当箱に……!

 入った瞬間、僕の弁当箱が輝きだした!?)


「た、食べてください」


「い、いただきます……」


(ヤバい……落としたら、ダメなのに手が震える……。い、いくぞ! パクッ……モグモグ……――)


「ど、どうですか?」


(あぁぁぁぁぁ――僕は今、天国に――)


「美味しい! 美味しいです、高嶺さん!」


「よ、良かっ――って、思井くん。どうして泣いてるんですか!?」


「いえ、気にしないでください……美味しすぎて涙が出てきただけですから……」


(高嶺さんの手作りタコさんウインナーは危険すぎる……! タコさんウインナーの味なんて、そうそう違わないのに、言葉では言い表せない。世界から争いを消すか、世界に新たな争いを生む力をもっている……!)


「た、高嶺さん……こんな、素敵な物をありがとうございます……。お返しに僕のもどうぞ……あ~ん、してください」


「えっ!? えっ!?」


「えっ……!? あ、ああああ、ごめんなさいごめんなさい! 間違えました!」


(何をやってるんだ、僕! ついつい、珠にしてあげるように、高嶺さんにまであ~ん? 調子にのるのもいい加減にしろ!

 だいたい、高嶺さんがあ~ん、なんてするはずないだろ! 子どもじゃあるまいし!)


「……お、思井くん。あ、あ~ん……」


「た、高嶺さん……しなくていいんですよ。僕が間違えただけで……」


「い、良いんです……。そ、それよりも、お願いします……。ずっと、この状況は……恥ずかしい、です……」


「は、はい……!」


(目を瞑って、口を小さく開けてる高嶺さん……うわ、まつげ長くて綺麗……。

 って、口を開けてる高嶺さんをいつまでも堪能してるんじゃない、僕! 早く、してあげないと変な気分になる……!)


「い、いきます……あ、あ~ん……」


「んっ……はむ、はむはむ……うん、とっても美味しい、です……!」


(ぷしゃーって高嶺さん、蒸発しちゃった……。僕ももう、心臓がうるさすぎて……あ~んって、この世で最強の攻撃だったんですね――!?)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます