第9話 土曜日の朝

 私は気だるい気持ちのまま、支度を始める。


 顔をわざと冷たい水でバシャバシャ洗ったら、ばっちり目が覚めて気持ちがスッキリした。……はず。


 前日の派遣先では執拗に社員に攻撃を受けたが、今日は休みだ。

 落ち込んだが、もう終わったことだ。

『おいあの派遣、手が遅えぞ。使えねえなあ』

 昨日の現場は文房具の箱詰めをしたりする会社だった。

 私は仕事先で言われたことを思い出して、ずっとへこんでた。

 ……まだ正直引きずってる。


(月曜日も休みになってしまったし)


 派遣先の都合で急に仕事がなくなるのはたまにあることだった。だけど、月給で収入が保証をされている訳ではないから、私は休みになるとすごく困るんだ。

 多すぎる休みは嬉しくない。

 生活をちょくに苦しめることになるからだった。




 でも、

 気分を切り替えなくちゃ!


 せっかくの休み。

 わくわくする。

 大好きな喫茶店で朝食を食べよう。

 喫茶「MOON」に行こう。


 人にはそれだけ? と思われるかもしれない。


 私の至福の時間だ。

 双子のマスターのこだわりの珈琲を、ゆっくりじっくり味わう。


 喫茶「MOON」に行くのが楽しみだ。


 私はお気に入りのブラウスとジーパン生地のスカートを合わせて、薄い黄緑色のカーディガンを羽織った。

 すこぉしだけ瑠衣に言われたことを取り入れて、マルさんに見られても恥ずかしくない程度に自分なりにお洒落をしたつもり。


 スニーカーもそろそろ新しいのを買いたいなあ。


 正社員を目指して、頑張ろう。

 とにもかくにも腹ごしらえだ。


 私は、はやる気持ちを抑えきれずにいた。

 今日もマルさんに会えるかなあ? と、顔が自然にニヤけて来るのを我慢しながら家を出た。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます