第6話 働くチョコちゃん

 今日の派遣先は大きな物流倉庫で、私はひたすらベルトコンベアとローラーを流れて来る商品を、別のレーンに載せ変えて届け先ごとに仕分けていた。


 汗がしたたり落ちて止まらない。

 喉が乾く。

 空調がまったく設備されていない古い倉庫の一角には50人ほどが働いていた。

 派遣社員と正社員は服装が違う。

 正社員はお揃いのポロシャツに黒の長ズボンを履き、派遣社員の私は私服だった。


 ペットボトルのドリンクや家具や電化製品や駄菓子やカップラーメンなどなどを、仕分けしてパレットと呼ばれる板に載せていく。


 ただひたすら。黙々と。

 同じ派遣会社から来たのは二人だけだった。

 今日の派遣先は瑠衣は一緒じゃなかった。

 瑠衣は不動産会社の事務員の面接に行っている。その後に働きに行ける家の近くのスーパーの品出しの派遣に行くと言っていた。


 私は重い荷物を次々とさばきながら、心でニヤついていた。

 いつもならへこんで、落ち込みそうなぐらいの重労働だってへっちゃら!


 なぜなら〜。ウフフッ。


 私は昨日の喫茶「MOON」で会うマルさんとのことを思い出していた。

 初めて私はマルさんと……。


 考えただけで、するはずのないお気に入りのお店の喫茶「MOON」のかぐわしい珈琲の匂いがする気がしていた。


 昨日は最高の気分だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます