独占欲

作者 淡月悠生

狂愛。

  • ★★★ Excellent!!!

狂気と愛。
それは紙一重。
恋心は独占欲として現れ、嫉妬、僻み、妬み、全てを飲み込んで、純然たるものとなる。
そして、その感情を向ける相手は──

***

読む人を選ぶかもしれない。
人によっては受け付けないかもしれない。
しかし。
ハマる人にはハマる。
人に見せられない狂気。
あなたの中にも、一点のシミとして……存在しているかもしれない。
そして、それは、あなただけが持っているのでは、ないのかもしれない。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

牧野 麻也さんの他のおすすめレビュー 271