奇人街狂想曲 幽鬼の章

かなぶん

出遭いと別離と再会と

第1話 知らない街・前編

 寝ぼけた頭でむくりと起き上がる。

 しばらく焦点の合わない瞳だったのが、急に嫌な思いに囚われ頭を抱えた。

 昨日は最悪な一日だった。

 駅のホームで押し合いに負けて線路に落ちそうになったり、道を歩けば上から花瓶が漫画のように落ち、教室で談笑していれば丁度開いていた窓からサッカーボールが襲ってきたりもした。そうして疲れ切って帰った家では、久しぶりの両親の大喧嘩が勃発していて、危うく包丁が刺さりそうになったり。

 眼前、壁に刺さった包丁が現われた時は、なんの冗談かと思ったほどだ。

 しかし、そこではたと気づく。

(あれ? 私、いつの間に眠ったのかしら?)

 両親の喧嘩から逃げるようにして部屋へ入った、までは覚えている。

 しかし、そこから先の記憶が曖昧だった。入った記憶はあるのに、入った後の記憶がすっぽり抜けている。おかしなこともあるものだと、狐につままれた気分で自室を見渡し――

「え……ここは……どこ?」

 すぐさま気づいた見慣れない部屋に身を縮ませた。

 自室であれば差し込むはずのない後ろからの光に振り向く。そこにあったのは、天井近い曇りガラスからの鈍い陽を浴びた、清潔感はあるが古ぼけた台所と勝手口。左を向けば壁際には食器棚や木製のラックが配置され、中央には食卓と椅子が四つ。右を向けば木造の階段がある。正面にはスライド式の磨りガラスの戸が中央を開いた状態で、その奥からは後ろよりも明るい陽が差し込んでいる。

 全体的に薄暗い、木造の部屋。

 自室より年季の入った造りの、全く知らない部屋に戸惑い、更に身を縮めて手にしていた布を引っ張り上げた。

 と、背中に柔らかくも硬い感触。

 驚いて身を捩れば、ソファの肘掛がある。

 ここでようやく、自分が煤けた赤いソファの上に寝ていたことに気づいた。追い詰めるかのように次々現れる違いに、布にも違和感を抱いて確かめるように広げた。

 直前まで薄手の寝具と思っていたそれは、全く見覚えのない男物の黒いコート。

 ますます混乱する頭で自分の衣服を確認。

(乱れてない――いやいやそうではなくて)

 変哲のない平均的な少女の身体に、平日では着なれた紺と白のセーラー服。

 おかしい、とコートを広げたままの格好で考える。

 いくら疲れていたからとはいえ、着替えもせずに眠るほど無頓着な性格ではない。部屋に着いてまず行うのが着替えだ。制服のままで何かをし続けるのは、学校に縛られている感じがして居心地が悪い。

 続いて褐色の後頭部へ手を伸ばすと、背に届く柔らかいクセっ毛を纏める紐に触れた。百歩譲って制服のまま寝たとして、さすがに髪を縛りつけたまま眠るのは我慢できない。

 不可解な現状に首を捻る事数回。

「おや、起きたかい?」

 突然、聞き覚えのない、気だるげな男の声が右上から降ってきた。

 慌てて立ち上がりそちらを向けば、木の柵で区切られただけの階段から黒い足が覗く。酔っ払ってでもいるのか、ふらふらした足取りで一段降りる毎に現れる服は黒一色で、続いて目を引くのは白い手が握る銃らしき代物。

 見慣れないそれに驚き、数歩下がる。

「だっ!!」

 途端、がたんっという大きな音を聞いたと同時に腰をしたたかに打ちつけた。何事かと視線をやれば、食卓を囲う椅子。

「大丈夫かい、お嬢さん?」

 相変わらず、ふらふらした足取りで階下まで来た男は、言葉の割に何の感情も篭っていない声をかけ、近寄るなり銃を向けてきた。目深に被ったシルクハットがなくても、長身で圧迫感のある男の行動に、痛みに顔をしかめながらも椅子を背にしたまま、恐怖に仰け反った。

 こんな訳の分からない状況で、誰とも知れない奴にいきなり殺されるのか。

 納得はできないが、逃げられるとも思えない現実に喉がひくりと鳴った。

 この様子に男は不思議そうに首を傾げ、ああと頷いては銃を降ろし、左手を差し出す。

「そのコートが欲しいんだが」

 言われて、黒いコートをまだ握り締めていたことに気づいた。

 男の目的は、自分ではなくこれだったらしい。

 ……今のところは。

 とりあえず、引っ込んだ銃を頼りに、差し出された白い手へ恐る恐る黒いコートを掛けた。

「あーあ、やっぱり皺くちゃになったか。まあいいや」

 やはり、言葉ほど残念そうに聞こえない声で呟いた男は、コートへ腕を通し始めた。

「あ、あなたは誰ですか?」

 銃を持ったまま着ようとするため、袖に悪戦苦闘する男に、警戒したまま尋ねる。

「ボクかい? ボクはワーズ・メイク・ワーズという芥屋シファンクの店主をしている者だねっと」

「シファンク?」

 ようやく袖が通り、ワーズと名乗った男は親しげに笑ってみせた。薄暗い室内の中でも血のように赤い口に、また喉が鳴る。シルクハットの下から覗く闇色の髪や不可解な色彩の眼も、恐ろしげな印象を与えた。

「それで君は……っと失礼。君は、どちら様かな?」

 またも銃口をこちらに向けたワーズが、再びこれを降ろして左手で促す。

「……銃、置きませんか?」

「これが離したくても離せない、聞くも涙、語るも涙な理由があってねぇ……で?」

 かりかりと銃口でこめかみを掻きながら、理由は語らずに答えを待つワーズ。

 一歩間違えれば頭を撃ち抜いてしまいそうなそれに内心ひやひやしつつ、もしかすると弾が入っていないのかもと思い直した。

(なら、少しは安心かも。とりあえず撃たれ死ぬ可能性は低い……はず)

「私は泉、綾音あやおといずみです……あの、それでここは……?」


*  *  *


 キジンガイ……?

 聞きなれない言葉に首を傾げながら、差し出されたカップに口をつける。ほんのりと甘い紅茶のようなそれは、話せば長くなるからとソファに座るのを勧められた後で、ワーズが淹れた品。

 躊躇なく含んだ後で、毒入りかもしれないと思い立つ泉だが、

「おいしい」

 少し驚く。目の前の男の奇怪な姿からは想像できない、安心する味と香りだ。

「お口に合ってなにより。奇人街のモノはなんでも美味しいからねぇ。まあそれだけが取り得とも言える」

 言って座面を跨ぎ、椅子の背を抱くように座ったワーズは、自身も持ち寄ったカップを行儀悪くズズズ……と啜った。

「奇人街はね、人間が普通に住むにはトコトン厄介な街でね。平たく言えば、一歩外に出れば死んじゃうんだよねぇ。殺されるんだ」

「えっ……」

 聞き違いかと思うほどさらりと言われた物騒で妙な話に、茶の安心感が吹っ飛んだ。次いで、何故見知らぬ男が目の前にいて、茶の一つで安心など得られたのか、と今更の気づきに嫌な汗が背中を流れる。

 それに気づかない様子のワーズは、更に一口ズズズ……と茶を啜り、

「もしくは玩具おもちゃにされるかもねぇ。人間、そんなに多くないし。珍しがって剥製なんかもありかな? 生きたまま裸で部屋の飾りに使われたり」

 段々青くなる少女を気にする様子もなく、逆に興が乗ったように続けて言う。

「最悪弄ばれるだけ弄ばれて、食い物にされて終わっちゃったり……どうかしたかい?」

「……っいえ……あの、人間が多くないってどういう意味ですか?」

 カップを持つ握力も心許なく、潤ったはずの口内はからから。物騒な話に脈打つ心臓が暴れ、頭も冷えたり熱くなったりを繰り返す。

 そもそも、ワーズの話全てを信じるならば、ここは泉がいた場所とは違う世界、という話になる。

 到底、信じられるものではない。

 とするならば、この男が狂っているだけではないか?

 泉の徐々に高まる警戒を知らず、ワーズは首を傾げる。

「あれ? 言ってなかったっけ? 奇人街は呼んで字の如く、変なのが多くてね」

 懐からメモ帳を取り出し、同じく取り出したペンで“奇人街”と書いてみせる。漢字の変形と表せば妥当か。見知った、けれど多少なりとも違う字面に泉は困惑を浮かべ、字の如くと言われてもワーズの言いたいことが判別できずに眉を寄せる。そんな泉の及ばない理解を知ってか知らずか、文字を追ったタイミングでメモを懐に戻しながら、ワーズはへらへらと説明を続けた。

「顔が鳥だったり、火を噴いたり、バラバラにされても死ななかったり、とね。そうそう人狼なんて輩は、日中は人の姿のクセに夜は二足歩行の狼で、これがまた酷く乱暴な奴でねぇ。まあ、そんな感じで人間に似た姿はあっても完璧な人間が少ないんだよ」

「……ワーズさんは、人間…………………………ですか?」

「間が物凄く開いているのは気になるけれど。まあ、一応人間だね、嬉しいことに」

 何が嬉しいのかさっぱり分からない。血色の口を開けて笑う姿に背筋が寒くなる。

 配色は異様だが、人間と呼べる容姿。

 けれど、決してまともではないだろう。

 見知らぬ部屋だが、泉の知っている物に溢れているのだ。奇妙な世界観を展開されても、それはこの男の頭の中だけの話――と自分を納得させようとして、それはそれで恐ろしい考えだと気付く。

 考えれば考えるほど、納得から遠ざかる状況に手が震えてくる。混乱に支配され、打開策の浮かばない中で渇いた口が無意識にカップを求めた。

「熱っ!」

 茶の熱さを考えていなかった行動に、中身を制服にぶちまけたカップが粉々に割れた。瞬間的に殺されてしまうと身を強張らせる泉だが、

「おや大丈夫かい? 少し待っててくれ」

 予想に反してワーズはカップよりもこちらの身を案じ、コートのポケットから取り出した白いタオルを泉に手渡すと、少しばかり早い足取りで階段を昇っていってしまった。

 危機を感じた分、ワーズの行動に呆気にとられてしまった泉は、受け取ったそれで制服を拭く。

 男が去ったせいか、茶の香りのせいかは知らないが、幾分緊張が緩んだ。

(こんな大きなタオル、どうやって入れていたのかしら?)

 布団のように掛けられていたコートの質感に、タオルの感触がなかったのを思い出す。

 拭き終われば、タオルと制服の白い生地に、茶の渋色が移っていた。

(クリーニングに出しても落ちるかしら、これ)

 帰る算段もつかないなかで、自分でも呆れるほど呑気に嘆く。日常に戻る必須アイテムだからか、はたまたそうして目の前の状況を視野外に置こうとしているのか。

 自分でもどちらと決めかねる複雑な気持ちに悩みながら、泉はふと、階段の先を見つめた。

 ワーズは今、上の階だ。危険を口にはしていたが、特に彼からこの部屋から出てはいけない、などとは言われていない。言われていたとしても、今なら逃げようと思えば逃げられるだろう。

 場所は判らずとも、外に出れば何かしら帰る道筋があるのではないか――。

 けれど、外の光は近くにあるのに、否定したいワーズの物騒な話が頭から離れない。

 と、その時、視界をふっと白いモノが掠めた気がした。ぎくりと身体が強張る。

 一歩外に出れば、と言っていたので室内は安全、のはず。

 ――あの男の突拍子もない話を信用するのであれば。

 これを振り払うように、泉は白いモノが掠めた磨りガラス戸の向こうを覗いた。好奇心などではない。なにもない、ただの勘違いだったという事実を欲したのだ。

 だが、事実は小説よりも奇なり、とは先人の言。

 ガラス戸から左へ視線を移すと奇怪な、しかし見慣れたモノが植木鉢から生えていた。

 ぐったり折れて、先は下に向かったモノ。

「ひ、人の……うで……?」

 がたんっとガラス戸が鳴るのも構わず、縋りつくように身を寄せる。

 植木鉢から生えた人間の腕は、肘を天に、指先を鉢の外に垂らしていた。作り物かと一瞬考えるが、大きさから自分とさほど変わらぬ腕の質感は、あまりに生々しい。

 急に、今いる場所が恐ろしくなってきた。

 多少おかしくとも話が通じていたため、まだ安全な相手だと思い込もうとしたが、作り物とも本物ともつかない腕をオブジェのように植木鉢に挿す心情が分からない。

 否、分かりたいとも思わない。

 逃げ出したい衝動を必死に抑え、植木鉢側へ足を踏み入れた。

 居間を下り、木の感触からまた一段降りた土の感触に、慌てて下を見ると黒い革靴とサンダルが揃えてある。靴下についた土を払い、見た目にもサイズの大きい革靴の隣にあるサンダルを履いて、改めて内装を見渡した。何か一つでも見知ったモノがないか、縋る思いで探っていく。

 右手にずらっと並ぶのは、果物や野菜らしきモノが陳列された台。どれも知っているようで、どこか違和感のあるモノばかり。時折新聞を騒がす形の野菜よりも、もっとおかしな形をしている。

 中央には箱が設置されており、開けてみるとひんやりした空気が溢れ、魚介類と思しきモノが並んでいるのが見えた。これも野菜や果物と同じく、スーパー等で見る品とは少し違っていた。種類も大きさも、色すらも一定しない、極彩色の鱗や貝。

 そして左側。植木鉢が設置された場所にも、魚介類が入っていたのと同じような箱がある。

 腕は見ないように、植木鉢を視界に入れながら移動し、今度も同じように蓋を開けた。こちらはどうやら肉の類が置かれているらしい。部位の判らない色の肉に、内臓らしきグロテスクな形状をした物、巨大な霜降りの塊等々。状況が状況だけに、不気味に感じるそれらをさっと見た泉は、そそくさと蓋を閉めようとして視線を感じた。

 顔だけ霜降りの塊から右に移動して、

「ひっ」

 慌てて離す。

 支えを失った蓋が鈍い音を立てて閉まったのを遠くに聞きながら、口に手を当てて、胃の中のモノ全てを吐き出したい衝動を堪える。その目には涙が滲んでいた。

「……泉嬢?」

 名を呼ばれて目を剥き、慌ててそちらを向く。ガラス戸から覗く男の手には黒い布。

「服が汚れただろうから、着れそうな物を探したんだけど……どうかした?」

 ワーズが二階に向かったのは、泉の制服の末路に思い至ったかららしい。行動だけ考えれば気が利いていると言えなくもないが、今見たものが確かならば、この男は……

 警戒する泉の表情に、ワーズは”それ”の入っていた箱を一瞥して、へらり頷いた。

「ああ、食材を見たのか。芥屋は食材を専門に取り扱う店だからね」

「そうじゃなくてっ!」

「うん?」

 泉が一歩後ずさる。ワーズはさして気にした様子もなく、自身も革靴を履いて一段降りた。

「その……腕は?」

 言われてワーズは己の腕を見やり、「ああ」と気づいて植木鉢を見る。垂れた手を左手で口付けるように持ち上げ、軽く揺すってみせながら、

「なかなか丈夫だろう? 最初は指の一本だったんだけど、植えたらこんなに育っ」

「さっき!……さっき言いましたよね、人間は、ここでは最悪、弄ばれて食い物になるって」

 あくまで軽い調子の不気味な男に、泉は遠慮などかなぐり捨てて言葉を被せた。

「食い物っていうのは、比喩なんかじゃなくて……本当に……本当は…………」

「うん。察しの通り、この街じゃ人間も食材の一つだよ」

「――――っ!」

 泉の理解を褒めるように、またあの血色の口を開いて笑うワーズ。

 湧き上がる嫌悪感と恐怖に、泉は混乱の只中で思考する。

 奇人街では人間は食材。そしてここは食材を取り扱う店。

 男の話を信じようとも、信じずとも、ぞくりと粟立つ怖気を止められない。

(それなら、私は……?)

 恐ろしい考えに行き当たり、自然と視線は肉の箱へ向けられる。

 箱の中、見つけた視線は濁りきり、口からはだらしなく舌を垂らした、その首。人間というには些か奇妙なその首は、冷えた箱の中でただじっとこちらを向いて……

 作り物にしては、腕以上に生々しいモノだった。

「泉嬢?」

「……なら、それなら、あの首も…………食材……?」

 言って吐き気がこみ上げてくる。不思議そうにこちらへふらふらと近づこうとしていた男は、泉の言葉に納得したように頷くと、足を止めて笑った。

「そうだよ。結構美味しくてね。人気あるんだ、あれは」

 もう、十分だった。

 一瞬にして居間の食卓に、バラバラにされた自分が皿の上に乗って出される様、それを見て喜ぶ目の前の男の姿が浮かんだ。

 地を蹴る。

 黄色く褪せた陽の光の向こうへ走り出す。

「泉嬢っ!?」

 驚いた男の声と追いかけてくる気配を感じたが、立ち止まる気は毛頭ない。

(冗談じゃない! 殺されて……喰われて堪るものか!)

 薄暗い店内から外に出、止まることなく通路と思しき細い道を右に曲がり、平行する下の道に飛び降りながら、泉は恐ろしい想像から逃げるように走り続ける。 


*  *  *


 逃げる背中に引っ張られるようにして店先まで追いかけ、追いつけないのを知って途方に暮れたワーズは、植木鉢の近くまで戻った。

 こめかみを銃口で掻きながら、

「なんであそこで逃げるかねぇ?――ったぁ!」

 本当に分からない様子に、ずっとぐったりしていた腕が勢い良くワーズの背を叩く。

「ああもう、分かってるって。ちゃんと手は打つさ」

 これ以上叩かれるのは御免と腕から距離を置いたワーズはそう弁明すると、渋々といった様子で居間に上がった。

 ワーズを引っ叩いた腕は、その姿を送って後、またぐったりとした形で動かなくなった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます