月の詩

私にあの月をくれないか


いや、ちがう

忘れたくないんだ



月が綺麗ですねなんて言えないから



あの月を掌握するなんて

今の僕にはできない




どこにも行き場のない感情論

干潟になった蒼い夢

でも試金石だって分かってた

あなたがくれたものはこんなもんじゃないから



あの月が私を孤独にも自由にもしてくれた

何にでもなれる気がした




月夜の吐露

満月の半歩手前




死んでもいいと思った


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます