夜の詩

午前二時ってロマンチックとか、

プラネタリウムに感動したとか

情報戦


好きって言ったら勝ち


多分そんな黄緑


そんな小さな窓に救いを求めたって

出られやしないよ


朝日に平穏なんか求めてない

夜の首都高の方が遥かに君を見てるよ

碧い洞窟が都会にあるように


君は分かってない

月のハイライト、


誰かに寄り添うホットミルク

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます