孤歌

隣町こゆう

春の詩

春に世界は踊らされる

別に身を委ねているわけじゃない


ただ、春風が絡みつきそうなパーマ

まぶたの上のちょうちょの鱗粉

好きといいたい季節

喪服者達の戦争

誰もこれも君も。



私は半液状の個体にでもなれればいいや

スプーンですくって2口

それでちょうどいいや

手を伸ばした先にあるのは、

無個性ゆえの死かもしれないね


僕達は仕方なく生きているのかもしれない。

故の後悔。

死にものぐるいの演技。


ただ好き。と言ってみる

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます