- - - 8× キリトリ - - -

作者 水菜月

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 刺繍の白花びらへのコメント

    この秘密の香水、とってもいい香にちがいない。

    拝読しながら、思わず鼻をクンクンさせたくなるような。

    匂い立つ作品に六月を感じます。

    作者からの返信

    れいれいさん、ありがとうございます。

    手首につけると濃過ぎてしまうかと、ハンカチにそっと忍ばせた香り。
    華やかで甘くて、恋する乙女が持つそれには
    誰もが近づきたくなる魔法のようなエッセンスが零れます。

    2019年6月6日 09:21

  • ハシタイロ、に想う。へのコメント

    色彩の歴史って面白いですね。
    それだけ昔はまた色彩へのあこがれが強かったんでしょうね。
    もの凄い色数の色鉛筆セットとか、クーピーのセットなんか、もう宝石箱でしょうね。まぁ色鉛筆のすごいセットは欲しいですね(笑)

    作者からの返信

    これはrionosさんの「ハシタイロ」という曲によせて書いてみたものです。
    人によってこの色は使える使えない、って今の時代にはないですよね。
    ただ自分が選ぶ色って、案外同系色ばかり選んでしまいがち。

    色鉛筆セット、すごくあこがれたんですけど、膨大なコレクションで私には手に余るだろうと、ペールトーンとグレイッシュな色のセットだけ、大切に持ってます。

    2019年4月7日 12:07

  • 春の種を落とす。へのコメント

    桜ってキレイで圧倒的な反面、その散りっぷりに別れを連想させる雰囲気があるような気がしますね。

    作者からの返信

    二尋さん、コメントありがとうございます。

    そうなんです。色んな感情がね、溢れてくるところが
    やっぱり特別な花だなぁって、感無量になってしまいます。
    桜の下では様々なドラマが生まれてくる気がします。

    2019年4月7日 12:03