第38話 あ…😳💦💦

 不意に、バスルームのドアが開いてメロンが出てきた。


「ふゥ…😌✨ さっぱりしたわァ~…💕」

 バスタオル一枚を巻いただけのなまめかしい姿だ。


「あ…😳💦💦」ボクはドキドキして思わず視線を逸らせた。


「翔! 明日の朝ご飯の用意も宜しくねェ~😄☝✨」

「え…😳💦 ボクが……」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます