第7話 雷剣のクリエラ⁈

僕がですね、ミリアどころか、他国の姫とも婚約していることを知った、4人の女性兵。

で、その中の1人が


「光様はいったい、何者なんですか!」


「えっ?べ、別に普通の男ですけど‥‥‥」


「普通の男が姫様と婚約など。しかも他国の姫様までと婚約を。いったい光様は何者なんですか!」


女性兵の4人の皆さんは、僕に食ってかかって、この同じ様な会話を二、三回繰り返しましたよ。で、で、それに見兼ねた悪亜がですね、


「光は後4人の婚約者が居るのよ。あっ、で七人目が私ね」


サラッと言いましたよ。サラッと。しかし最期の所は違いますからねと、修正かけましたので。(悪亜が恨めしそうに僕を見ましたけど)

で、仕方なく女性兵の人達に、簡単に今までの事を説明しました。


「「「「‥‥‥‥‥‥」」」」


「あ、あの〜う。わかってもらえました?」


で、1人の女性兵が


「‥‥‥はあ〜っ。あのプリム小国の2人の姫様とも‥ですか‥‥」


「え、ええ。そうです。申し訳ないんですけど」


て、僕が頭を下げて、言葉の最後に謝る言葉を入れたら、女性兵の人達は目を点にして驚いてます。

まあ、このグリーングリーンワールドは女性の立ち位置はやはり低いですよね。

それは国の姫様でも変わらないと、前にイレイが言ってました。

で、僕が「何故?」て聞いたんです。


「今だに男の人が少ないんです」


なんでも、男女比が3:7ぐらいだとか。

これはプリム小国だけではなく、アレム大国にしろガルバディ帝国にしろ、変わらないと。

けど、なんでこんなにも男女比が偏ったかはわかりません。

戦争後ならわかりますけど。

その戦争だって、約二百年前にはほぼ終結しているはずなんです。(この、「はず」とは、国王の目の届かない、小さな戦争はあちらこちらでしている)

だから、この世界は一夫多妻なのかと。

だから、貴族の男の大半が、わがままで、自己中心的、そして女性を物の様に扱う。

だから、僕みたいに女性に対して優しく接し、自分の非を認め、女性に頭を下げる男は珍しいんだと。


で、1人の女性兵が、ポツリとつぶやいたんです。


「もし姫様と婚約してない、付き合ってなければ、私が結婚を申し込んでいたかも」


それを聞いて、僕は一瞬ピクリと反応して、そして硬直します。

だってですねぇー、ミリアとメイルのあの反応。いえ、僕は見ましたよ。あの2人のあの顔を。

言葉では言い表す事は出来ません。出来ませんよお〜。怖くて。

で!悪亜はと言うと。


「光は私の物だから!手を出したらだめよ」


なあ〜んて言って来ましたよ。

てか、いつ悪亜の物になったんだよ!僕わ!

本当に、この手の話に悪亜が絡むと、とんでもない方に話が行きそうなので、


「そ、そういえば僕の婚約者の中にも女性兵がいるんだよ」


「えっ!光様の婚約者に女性兵がいるのですか!」


僕はこの時、「しまった!」と後悔しました。

だってですねぇ、この僕が言った言葉に女性兵の4人は、僕が見てもわかるぐらい目を輝かせてますよ。

もしかしたら、自分にもチャンスがあるのではと。


「光様のその女性兵は、どの様な方ですか?」


明らかに女性兵達の目がハートになりかかってますよ。今回僕はなにもしてないんですが。

で、


「う、うん。プリム小国のクリエラ=レ=マシュウて言うんだけど‥‥‥」


「「「「‥‥‥えっ!」」」」


クリエラの名を出した途端、女性兵の目のハートがいきなり怯える様な目になります。


「光様!プリム小国のクリエラ=レ=マシュウですかあああ!」


「えっ!う、うん。そうだけど‥」


「あの雷剣のクリエラですかあああ!」


「へえ?雷剣?」


僕は驚きましたよ!クリエラにそんな呼び名があったなんて!

まあ、確かにクリエラはプリム小国内では一二を争う程の剣の達人。

それよりもクリエラ、他国にまで名が広まっているとは。

僕は女性兵に聞きました。どうしてクリエラを知っているのかを。


「女性兵の憧れです。と言うか、目標です」

「そうです!しかもあの方は怒ると、男性兵を一人で五十人は倒されたとも聞きます」


「ご、五十人!」


それは僕も初耳です。

しかし、クリエラは女性兵、しかも他国の女性兵からも慕われていたのか。

けど、僕の前ではそんなそぶりは見せないんですよね‥‥‥

まあ、クリエラのあの、惚れたら一途の性格ですからね。

けど、確かに剣の腕前は凄いです。

つい最近、朝稽古のクリエラを見たんですが

剣を振る姿は、流石、型にはまってます。

剣を振ると、空気を切る感じなんです。

普通「ヒュン!」て音なんですが、クリエラの場合は、「シュン!」と音が僅かしか聞こえないんです。

これは何を意味するかと言うと、剣を振ると僅かに剣がぶれるとか。しかしクリエラはブレがないんです。剣の。

しかもクリエラの剣の動きを見た人は皆んな、まるで雷のようだと。


「だから、雷剣か‥‥‥」


僕が腕を組んで頷いていたら、


「後ですね、プリム小国にはもう一人の剣の達人がいるんですよ」


と、一人の女性兵が言って来たので、僕はもしやと、


「ライミさんかな?」


「えっ!光様はあの疾風のライミもご存知なんですか!」


驚いてますよ。また。

けど、ライミさんが疾風とは‥‥‥。

まあ、あのライミさんの体全体の動きからは、「疾風」はしっくりときますけどね。

とりあえず、今度、二人に聞いてみようと僕が考えていると、悪亜が


「光!今日一日は私だけの光のはず」


「えっ?ち、ちょっと!デートだけのはず‥‥‥」


「むう〜!」


睨んできてますよ〜、悪亜さんが!

で、僕は悪亜を連れて席を立ち、角の人が居ない席に移動します。


「ミリア姫様、あの悪亜と言う女性、本当に光様の婚約者ではないんですよね」


「ええ。そうですわよ」


女性兵の4人は不思議がってます。

やはり、側からみると‥‥‥ね。


そんな中で、一人の女性兵が


「ミリア姫様。失礼かと思いますが、ご相談したいことがあるのですが‥」


「相談?なんでしょうか?」


その女性兵は、胸ポケットからある紙をミリアの前に出した。

その紙とは‥‥‥。










  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます