百合環情異譚

作者 夏冬春秋

12

5人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

熱く語りたいのですがネタバレにならない程度とは難しいですね(苦笑)。ミステリーがお好きな方はきっと気に入ると思います。作風も昔を彷彿させる雰囲気があってのめり込みました。はっきりと昔、などと記されてないのに文章のみで伝える能力が素晴らしいです。

あとがきでの物語と作者さまとのギャップには笑わせて貰いました(笑)。

★★ Very Good!!

一番最初に伝えたいことは、やはり好みが明確に別れるという点でしょうか。
時代小説のような文体で物語は綴られ、内容は難しく奥深い。
なのでライトノベルを読み漁る方には敬遠される作品かと思います。

しかし、何と言いますか。

小説を読むにあたり、私はある程度予想を立てて物語を読み進めます。
次の展開はこうなるだろう、どうせ最後はこの子とくっつくんだろう、と。
王道、テンプレート――そう言った作品が好まれる現在において、私の予想はほとんど当たるように思います。

ですが、この作品は予想が全く当たらなかった。
というか、内容が奥深すぎて物語の全体像が最後まで掴めなかった。

不意打ちを食らったとでもいうのでしょうか。
笑えるわけでも、感動して泣けるわけでもない。
なのに、いつの間にか最後まで読み進めてしまった。

不思議な魔力がある作品です。
どうですか?
皆さんも一度読んでみませんか。