第4話 ルール

 てっきり、同業者の回し者だと思っていたのに。

 まさか、社交界でも挨拶程度しか、かかわったことがないような有名人とこんなところで会うだなんて……誰が予測できただろう。

 王城では仮面パーティーが行われているというのに、私以外にもパーティー会場を抜け出す人物がいて、よりによって、ここではち合わせる羽目になるだなんて。


 さすが奇人、パーティーを抜け出すにしても女の子としけこむわけでもなく、街の一介の占い師のもとを訪れて金貨10枚もポンと払って、占いを見事的中させることができるか勝負を吹っかけてくるとか……ほーーーーんっと意味がわからない。

 どうしてここにいるの? どこで私の占いのことを知ったの?

 いろんなことが頭をぐるぐると回る。

 フェイスベールがあってよかった。

 占い師たるもの素の感情を表に出してはいけないというのに、私はかなり動揺していたから、このベールがなければ私の動揺は、認識阻害魔法をかけているとすぐに見破った彼に伝わってしまったことだろう。


「もう、あなたからの質問に私は答えを出しました。勝負はこれで終わりです。先ほどの質問自体フェイクだった。これが私の答えです」

「私が誰か知っている人物なら、私に婚約者がいないことなどすぐにわかったはず。もう一問だ」

 子供らしく、もう1回やらせろとごねてくるが、ここでのる必要はないのだ。

 奇人ではあるが、生粋の遊び人の彼はゲームのルールだけは守るのだから。まぁ、ルールを守らない前提のゲームなどプレイする面白みがない。


「まことに残念ながら、本日はもう無理ですね。先ほどの質問を見事的中させれば、帰ってくださるとお約束いしました。私の占いは見事当たったはずです。そうでしょう?」

 ノアは不機嫌そうな顔で服を漁ると、テーブルの上にまた金貨を10枚並べたのだ。

 たった1問の勝負にまた金貨10枚もの大金をポンっと出すだなんて、頭のネジが2,3個ぶっ飛んでるわ。

「もう一勝負」

 勝つまで粘られたのではたまったものではない。

「ゲームのルールはプレイする前に決めたはずです」

「ふむ……」

 ノアはさらに私の目の前に金貨を並べる。

 出てくる出てくる、ポケットにどれだけ突っ込んでいるのよ! ポケットにそのまま気軽に入れておくような額じゃないわよ。

 その数なんと金貨53枚。

 その辺にある庶民が欲しがる見栄えのいい屋敷がポンと買えるほどの額だ。

 そんな大金が信じられないことにポケットからまるで銅貨を出すような気軽さで出され。

 私の目の前のテーブルに一個人のポケットマネーとして無造作に並べられたのだ。

 ポケットになんて額突っ込んでるのよこの男。

 強盗におそわれたらどうするつもりかしらと思ったけれど、彼はヴィスコンティ家の人間。

 強盗など速攻で魔法で返り討ちにあうだろう。


「今日の有り金はこれですべてだ。コレすべてを賭けてなら、もう一勝負引き受けてくれるかい?」

 こーんな街の怪しげな占い師相手に、これだけの金額を種銭で勝負とか頭がおかしいわ。

 これが、彼が奇人と呼ばれたる所以なのだろう。

 これだけ、あれば……街道の整備費に回せるんじゃと頭によぎる。

 ちらりと、ご意見番であるセバスに目をやるけれど、セバスは鳴かない。

 目の前の相手がやってることは完全にぶっとんでいるけれど。怪しい人物ではなく、奇人ではあるが身元がはっきりしたことが大きい。

 


「とても魅力的ですが……ルールはルール。お帰りくださいませ」

 欲を出すものではない。今が引き時だ。

 金貨10枚だって十分大金なのだ。

「はぁ、わかったよ」

 ノアは不機嫌な表情を取りつくろわないが、とりあえずゲームをする前に決めたルールである以上無理強いするつもりはないようだ。

 実に惜しいけれど、53枚もの金貨はあっさりとしまわれてしまった。


 ノアは立ち上がり私に背を向けた。

 さすが、遊び人。引き際はあっさりとしていることにほっとした。


 しかし、ノアはドアに手をかけて振り返る。

「今夜はこれにて失礼するが、勝負は次に持ちこしだ」

「そうですね。次はきちんとご予約をお願いいたします。……先ほどのご婦人とお知り合いなのでしょう?」

 ノアが先ほどまできていたエミリーと知り合いではないのを知っててあえて言う。

 今日は、街中仮装パーティーだ。

 エミリーですら探すことは、ノアには無理だろう。

 エミリーのあの様子では、今日はもう家からでることはない。


 占いに来る人たちと言うのは、他にはなかなか言えない秘密や悩みを相談しに来る。

 何かあれば、自分の悩みがもれるのではということを心配する人も多いから見つけても口をあっさりとわるかしらね? と悪い笑顔になる。

 ノアも私がご婦人とノアが知り合いではなく、つながりがないことを知っていて言っているとわかったようで、苦虫をかみつぶしたような顔となる。

「了承した。次はこの場所のルールにのっとり、きちんとアポを取ってから伺うことにしよう」

「そうしていただけますと、助かります」

 紹介状を手に入れ、約束をとりつけてから来て見せるとノアは言いきると。

 私に背を向けて、私の占いの館を後にしたのだった。



 私はというと、待ち伏せされる可能性を考慮し、ノアが退出して扉の鍵が閉まったのを確認すると、パーティで着てきた衣装を両手に持つと。

 すぐに転移魔法のスクロールを破いた。


 勝負は私が勝ち逃げさせてもらうわ。

 あんな危ないやつに店の場所がばれて、同じ場所で営業を続けるはずもない。

 念には念をいれて、しばらく占い師ごっこはセバスの言う通り自粛して、婚約者探しに精を出すことにいたしましょう。

スクロールが破かれたことにより、空中に金色の魔法陣がゆっくりと浮かび上がり、次に魔法陣はシュルシュルとほどけて私とセバスを包む。

 次に目を開けた時は、もう私は王都ではなく、マクミラン領だ。



 さようなら、ノア・ヴィスコッティ。二度とこちらの姿で会うことはないでしょう。

 ノアの去った扉にむかって私は彼に最後の別れの言葉を心の中で告げた。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます