卒業式の告白

作者 楠 秋生

62

23人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

恋愛短編小説です。

もう堪らない!
ラブコメ好きなら悶絶必死。清々しい笑いと温かさを兼ね備えた作品です。

中学卒業の機会に幼馴染の二人が交わした言葉。

この部分が本当に可愛く、によによ楽しい作風でした。
物語全体から伝わる雰囲気が、ホント温かく癒される作品です。

こんな恋愛出来たら良いなぁ~っと心から想ってしまいました。

サクっと読めて、心も充実すること間違いなしの物語!
是非、読んでみてください!

★★ Very Good!!

「かわいい」には、たとえば

動物や赤ちゃんに対する感想としての「かわいい」があり、
女性(の顔)を評しての「かわいい」があり、
洋服やアクセサリーを見ての「かわいい」があり、

と、いろいろあるけれど……

こういう小説に対しても、「かわいい」と
いっていいように思うわけです。
細かい描写はほとんどしていないのに、
登場人物たちの「かわいい表情」が見えてくるのですから。

ところで本作は、ちょっと面白い構造になっています。

たとえるなら、映画の『カメラを止めるな!』のような。
(もちろん、タイプは違いますが)

その演出によって、
若いカップルの告白、という単純明快なモチーフに
ひとひねりが加わっていて、読後感も爽快です。