私は1番好きな男の子を、2番目に好きだと言った。

作者 無月弟