茜蛍の約束

作者 松乃木ふくろう

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 第3話 再会へのコメント

    作中にあるとおり断崖絶壁といえばラストシーンなのに、いきなりの衝撃展開!?Σ(゚Д゚)

    壮平クンの過去もこのあとの展開も気になりますね!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    壮平が過去へどう区切りをつけていくのかも、お楽しみ頂けたら嬉しいです。

    2020年2月12日 07:37

  • 第1話 晴天勁風へのコメント

    ミステリーと聞いて|д゚)チラッ

    お邪魔いたします。

    作者からの返信

    おおっ此方にまでありがとうございます!
    原野さんに対し、ミステリーを語るのは恥ずかしいですが、
    ビターボイルド?な青春ミステリーを目指したつもりです。
    お楽しみいただけたら嬉しいです。

    2020年2月11日 06:56

  • 最終話 マージ―河の底へのコメント

    完読させていただきました。

    とても切なくて、でも読後感は爽やかさもあって、すごく好きな物語でした。私は感想を言うのが下手なので上手く言えませんが、初恋の甘酸っぱさや切なさだけでなく、人間の醜いところ、複雑な感情まで伝わってきて、読んでいて面白かったです。

    私は詩子が好きなので、二人の今後も気になります……!これからどんな風になっていくのか分かりませんが、二人とも幸せになってくれることを願っています。



    作者からの返信

    お読み頂いたうえ、コメントまでありがとうございます。更には素敵なレビューまで貰え光栄です!

    陽子さんのレビューの効果でいきなりPVが増え驚いています。
    人の中にある素直な白さと純粋な黒さ、相反するふたつを感じて頂けたのは書き手冥利に尽きます。

    詩子と壮平が再び会う時、不器用なふたりがどんな会話を交わすのかはわかりませんが、私としても幸せになって貰えたら嬉しいです。
    拙作を最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。

    2020年2月9日 19:32

  • 第3話 再会へのコメント

    茜蛍……名前も光景も幻想的ですな……でも崖は怖い……

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    海に映る夕焼けと波飛沫をイメージして書きました。

    2019年12月22日 17:58

  • 第2話 カンの悪い子へのコメント

    温泉街の雰囲気っていいですよなあ……

    そしておふくろさんの、息子に対する接し方がリアル……

    ほんとは嬉しいんでしょうな……

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    温泉街の雰囲気って良いですよね。
    舞台になった町は、箱根と熱海と真鶴を混ぜて3で割った様な街です。

    お母さんは書いていて楽しかったです。

    2019年12月7日 21:40

  • 最終話 マージ―河の底へのコメント

    レビューで書かれている方もいらっしゃいますが、ほんとうに二時間ドラマを見ているみたいでした。とってもおもしろかったです。

    作者からの返信


    コメントありがとうございます。
    初恋・故郷・戻らない時間
    そんなものを詰め込んだつもりですが、楽しんで頂けたのなら書き手冥利に尽きます。

    いろんな想いが絡みあって、幸でも不幸でもそれが必然となってしまう。そんな切ないお話をこれからも書いていきたいです。野々さんの『今日に捨てていく』も人のそう言った想いや感情が絡み合っており、楽しく拝読しています。

    最後までお読み頂き本当にありがとうございます。

    2019年10月6日 05:57

  • 最終話 マージ―河の底へのコメント

    長編お疲れ様でした。次回作も期待しています。

    作者からの返信

    最後までお付き合い頂きありがとうございます。

    新作もいくつか書き溜めてありますので、その内投稿したいです。

    2019年6月8日 10:19

  • 第25話 茜蛍の約束へのコメント

    サブタイトル回収ですね。

    インパクトありますね。

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    自分としてもお気に入りの回です。

    2019年6月8日 10:18

  • 第21話 オリジナルブレンドと三人のモ…へのコメント

    コーヒーってそんなに種類あるんですか??
    味が気になりますね。

    作者からの返信

    結構あるみたいです。
    味は好みが割れる気がしますね。

    2019年6月3日 07:36

  • 第19話 詩子の秘密へのコメント

    指の後遺症、気の毒ですが、彼には狙いがあったのですね。

    作者からの返信

    この回は起承転結で言う所の転ですので、色んな事が起きてます。

    2019年5月30日 12:51

  • 第18話 侮辱・怒り・疑念、そしてメー…へのコメント

    1000以上の項目を分析しているとは、
    新たな知識です。

    作者からの返信

    飲み屋で知り合ったお医者様から教えて貰った蘊蓄です。脳は一目惚れをしてしまうとの事でした。

    2019年5月29日 18:46

  • 最終話 マージ―河の底へのコメント

    完走お疲れさまでした! 
    背後では目を覆うばかりの醜い感情が渦巻いていましたが、だからこそ純愛が際立ちますね。露子が無事出産したことも希望を感じさせる素敵なラストでした。
    壮平と詩子が探偵コンビとして復活することを期待してしまいます!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    露子の出産はご指摘通り、未来や希望をイメージして書きました。読み取って頂けて光栄です。
    実は最初のタイトルは「初恋は少年の日が見た幻影」でもう少し純愛を押出したモノでしたが、9が3つ並ぶ銀河鉄道ぽいのと、主人公の年齢から今のモノに変更しました。
    スピンオフ的な作品の発想は無かったので少し考えてみます。
    最後までこの物語にお付き合い頂き、ありがとうございました。凄く嬉しいです。

    2019年5月29日 07:44 編集済

  • 第17話 ハンカチを差し出すのは紳士の…へのコメント

    ジャパニーズ紳士素敵です。

    作者からの返信

    壮平と詩子の距離感、そして性格が分かるやり取りのつもりで書きました。
    物語の場合、爆笑というより、クスっとする笑いが好きなので、それを意識して書いてみました。

    2019年5月28日 12:01

  • 第16話 空になったコーヒーカップへのコメント

    新作は書いていないのですか?
    今は、なろうよりカクヨムメインですか?

    作者からの返信

    使いやすさから、ほぼカクヨムオンリーになっています。
    発表している作品としては、この『茜蛍の約束』と連載中の『たぶん、それは紅葉よりも赤い花』だけですが、そのほかに新作を2つほど同時に書いてます。もう少し書き溜めたら投稿しようと思っています。

    2019年5月26日 19:45 編集済

  • 第24話 光木茜音の秘密へのコメント

    今までの伏線が解き明かされる様は爽快ですね。コーヒーの香りが漂ってきそうな、ちょっとハードボイルドな雰囲気も好きです。

    作者からの返信

    私自身、ハードボイルド小説が好きなので非常に嬉しいお言葉です。
    ありがとうございます。

    2019年5月26日 19:39

  • 第15話 五十里優梨子の秘密へのコメント

    妊婦ですか?!

    作者からの返信

    妊婦さんです。
    書く際にかなり抵抗がありました。
    引き続きお楽しみ頂ければ幸いです。

    2019年5月26日 07:22

  • 第23話 殺意へのコメント

    三廻部はとんでもないクズですね、形勢が逆転すると悪役っぽいセリフを連発するところもまさに悪役っぽくて笑えますw

    ここにきて背景が徐々に見えてきましたが、最後のセリフも気になりますね。アレルギーとは一体…

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    悪役は改心してはならない。知恵の回る小悪党はクズであるべき。そんな古いステレオタイプの敵役が三廻部です。出来るだけ解りやすいクズに書こうと頑張りました(笑)
    アレルギーはこの話のある意味根幹でもあります。

    2019年5月25日 21:57

  • 第11話 冷笑と嘲笑へのコメント

    角川つばさ文庫がカクヨムでも応募できるみたいですが、
    この年齢よりもう少し下の設定で子供向けにしたら、わりと行けるのかなって思いました。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    角川つばさ文庫ですか、いつかチャレンジしたいですね。

    2019年5月22日 12:58

  • 作者からの返信

    ありがとうございます。
    この事故が全員の運命を歪めたんだと思います。

    2019年5月21日 10:37

  • 第9話 ―――7年前・ホーム、そして電…へのコメント

    茜蛍見られるといいですね。

    作者からの返信

    それが物語のキーになります。

    2019年5月21日 10:28

  • 第7話 夏は嫌いへのコメント

    私は、夏好きですが、タイトルに?!

    作者からの返信

    壮平にとっては夏はトラウマなのでしょう。
    夏を舞台にした小説は今後も書いていきたいですね。

    2019年5月18日 17:01

  • 第22話 メディアの男へのコメント

    喫茶店に名刺、店名が書かれたマッチと、推理モノの雰囲気を高めるアイテムの登場でテンションがあがりますヾ(*'∀`*)ノ
    それにしてもこのチーフディレクターの男、第一印象は最悪ですが、うまく使えば意外と真相に迫るための役に立ちそうなタイプですねw

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!
    チーフディレクターの男はご想像通り所謂、措置装置としての登場人物ですが、結構、お気に入りです。
    カクヨムでも私が好きな長編ミステリーやハードボイルド小説が増えると嬉しいです。橋本さんの長編は何時も唸りながら読んでます。

    2019年5月18日 16:55

  • 第6話 止まらなくなった口笛へのコメント

    松乃木さん、格言をたくさん知っているイメージがあります。

    作者からの返信

    格言については分かりませんが、昔からメモ魔なので
    小説や漫画、アニメや映画で、カッコイイなぁと思った
    セリフは書き留めてました(←キモイ)

    2019年5月17日 12:35

  • 第5話 油蝉の合唱へのコメント

    油蝉の合唱、もじだけで季節感や空気が伝わりますね。

    作者からの返信

    季節感を出すのには、いつも悩みます。
    俳句に於ける季語って何気に便利ですよね。

    2019年5月17日 07:12

  • 第3話 再会へのコメント

    茜音と茜色、気象現象が、君の名はみたいなイメージにつながりました。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    君の名は。とは畏れ多すぎます!

    色をどう表現するか。それが私の一つのテーマです。
    とどのつまり茜蛍は波飛沫に夕日が反射した現象なのですが、これに近い現象が見られる場所があるんですよね。

    2019年5月14日 20:56

  • 第1話 晴天勁風へのコメント

    こちらの作品も読んでみます!

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    楽しんで頂けたら幸いです!

    2019年5月13日 07:44

  • 最終話 マージ―河の底へのコメント

    完結、お疲れ様でした。
    ずっと感想をお伝えしたいと思って、でも上手く言葉にする事が出来ず、後れ馳せながらのコメントを失礼致します。

    切ない……!
    とにかく切ない……!!
    沢山の悪意と善意が複雑に絡み合って、取り返しのつかない悲劇が起きてしまう……彼女が救われる道は無かったのかと、つい、考えてしまう私がいました。

    散りばめられた美しい表現がより一層、物語の色合いを繊細なものにしているのでしょうか。怖さを感じながらも、最後まで見届けたいと、そしてやはり切ない、不思議な想いを抱かせられる作品でした。

    感想になっているのか、甚だ自信も無いのですが……最後になりましたが、完結、お疲れ様でした。
    そしてこれからの作品も、連載中の作品も、是非に楽しみにさせて頂きます……!!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    『互いに想いつつ、報われずに終わる恋』を自分なりに
    書いたつもりですが、そこまで言って頂けると嬉しい限りです。

    今後もいろいろと構想だけは有りますので、楽しんで頂けたら嬉しいです。

    2019年5月7日 17:33

  • 最終話 マージ―河の底へのコメント

    最後のパーカーのくだり、いいですね。
    力作でした。切ないけど、希望は持て、よかったです。長きに渡り読んだ甲斐がありました。

    作者からの返信

    コメントだけでなく、素晴らしいレビューまで頂き誠にありがとうございます。
    切なさと余韻を感じとって頂けて光栄です。
    また、最後まで壮平と茜音の物語にお付き合い頂きありがとうございました。

    2019年3月31日 09:04

  • 第25話 茜蛍の約束へのコメント

    ずっと好きだった、がしんみりきますね

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    このシーンを描きたいが為に、この物語を書いたと言っても過言じゃありません。本当に嬉しいです。

    2019年3月31日 08:55

  • 第24話 光木茜音の秘密へのコメント

    解説編が語られてくるときのカタルシスをかんじます

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    凄く嬉しいお言葉に電車の中でガッツポーズをしてしまいました。

    2019年3月31日 08:52

  • 第19話 詩子の秘密へのコメント

    なるほど、名前こういうことですね。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    こういう事です(笑)

    2019年3月31日 05:39

  • 第17話 ハンカチを差し出すのは紳士の…へのコメント

    恥ずかしがってる円詩子かわいい

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    暗めのお話の中で数少ないまったり回です。

    2019年3月30日 21:42 編集済

  • 第7話 夏は嫌いへのコメント

    円詩子、変わった名前ですね!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    鋭いなぁ。さすがです。
    名前には秘密があります。

    2019年3月30日 19:34

  • 最終話 マージ―河の底へのコメント

    連載お疲れ様でした!
    愛憎の妙が生んだ悲劇。こんがらがった真実を紐解いたのは、九角君の茜音への強い想いでしたね。
    詩子とは、茜音を失ったという共通の哀しみで結びついているように思います。いつの日か、パーカーを返せますように。
    面白かったです!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    ハッピーエンドでもバッドエンドでもなく、かと言ってトルゥーエンドでもない、アンバッドエンド?な終わり方ですが、コメントでその辺りまで感じとって頂けた事が分かり嬉しいです。最後までお付き合い頂き誠にありがとうございます。

    2019年3月30日 14:24

  • 第24話 光木茜音の秘密へのコメント

    それぞれの持っていた嫉妬心が、少しずつ積み重なって大きな罪を生み、取り返しのつかない悲劇を引き起こしてしまったんですね。
    後に残ったのは、喪失感と虚しさだけ……

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    すごく嬉しいです。
    嫉妬って感情を取り上げ、ほろ苦い青春ストーリーを書けたらと思っていたのですが、予想以上に重い話になってしまいました。技量不足ですね。

    2019年3月29日 14:35

  • 第15話 五十里優梨子の秘密へのコメント

    周りの女子が立て続けに……
    何か原因があるのか、ただの運命の巡り合わせなのか。
    これ以上死者が出ないことを祈りたいですが、なんだか嫌な予感がしますね。。

    作者からの返信

    コメントまで頂きありがとうございます。

    自分としては、ここまでで伏線をあちらこちらに張ったつもりですので、お付き合い頂けたら嬉しいです。

    2019年3月20日 17:26

  • 第3話 再会へのコメント

    このあと、どうなるのか、気になる展開です

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    返信遅れて申し訳ありません。

    自分としては、甘酸っぱい青春ミステリーを目指したので
    楽しんでいただけたら光栄です。

    2019年3月13日 17:06

  • 第1話 晴天勁風へのコメント

    おぉ、新作!
    また楽しみに追わせていただきますね!

    作者からの返信

    すずめさん、コメントありがとうございます。
    メチャクチャ嬉しいです。

    実家に帰った時にぼんやり浮かんだ話ですが
    お付き合い頂けたら嬉しいです。

    2019年3月6日 20:27

  • 第1話 晴天勁風へのコメント

    新作、それもミステリー!
    とても楽しみな気持ちです。続きを楽しみにしております!!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    凄く嬉しいです。
    完結まで書き上げてからの毎日投稿ですがお付き合い頂けたら嬉しいです。

    アリスちゃんの活躍も楽しみにしています。

    2019年3月6日 17:29