58話〜ハクリュウの実力

 ここは名もなき城。ラシェルとハウベルトは、ライロスの部下達に襲われていた。


 ハウベルトは、ライロスの部下達の攻撃を避けながらラシェルを守っていた。


「ハウベルト。どうしましょう。」


「確かに、このままでは埒が明きません。しかし、なんとかこの場を切り抜けないと。」


 そう言っていると、ライロスの部下の1人がハウベルト目掛け小瓶を投げつけた。


 ハウベルトは間に合わないと思い、剣で小瓶を払い除け割ってしまった。


 すると、その中に入っていた液体がハウベルトの顔にかかり、


「うわぁ〜なんだこれは?クソッ!め、目がぁ〜真っ暗で何も見えない誰かぁ〜。死ぬ〜助けてぇ〜!」


 ハウベルトは泣き叫んだ。


「あの〜、ハウベルト?目に液体が入っただけだと思うのですが。それに、そこまで泣き叫ばなくても良いのでは。」


 そう言うとラシェルは急ぎシルフを召喚し治癒魔法風の甘い吐息!!でハウベルトの目の治療をした。


「はぁ、これはとんだところをお見せしてしまい。申し訳ない。ははは……。」


 ハウベルトは笑って誤魔化した。


 ゆっくりしている間もなく、ライロスの部下達はラシェルとハウベルトに攻撃を仕掛けてきた。


 すると、そこにハウベルトの叫び声を聞きつけ、ハクリュウが駆けつけた。


 ハクリュウはライロスの部下達がハウベルトとラシェルに攻撃をしようとした瞬間、剣を振り上げると、


 《疾風連斬撃殺‼︎》


 刃が疾風の如く空を斬り連続で斬りつけていき、一瞬のうちにライロスの部下達は次々と床に倒れていった。


 それを見たハウベルトとラシェルは驚いた。ハクリュウの本気の攻撃を見たのが初めてだったからだ。


「ふぅ。ラシェルにハウベルト、怪我はなかったか?」


「はい!怪我はありませんが。先ほどハウベルトが敵が投げた小瓶の中の液体が顔にかかってしまい、目に入って大変でしたが。」


「なるほどな。それで、あの叫び声が聞こえてきたって事か。」


「申し訳ない。しかし、戦っている所を初めて見ましたが、まさかハクリュウ様がこれほど強いとは思いませんでした。」


「私も、ハクリュウ様が、本気で戦われている所を見たのは初めてでしたので驚きました。」


 そう言われ、ハクリュウは少し照れながら、


「はは……そんなに褒められてもなぁ。」


 そう話をしていると背後に誰かの気配を感じハクリュウは振り返った。


 すると、そこにはライロスがいて、ハクリュウを追ってここまできていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます