所詮脇役の悪役令嬢は華麗に舞台から去るとしましょう

作者 蓮宮 アラタ

55

24人が評価しました

★で称える

レビューを書く

書かれたレビューはまだありません

この小説の魅力を、あなたの言葉で伝えてみませんか?