ただ、あなたのそばに居たかった。

作者 金魚姫