番外編 ジャズアルバムをどこで手に入れるか

ジャズが広まらない大きな原因の一つは、CDが高いことだと思います。

itunes等では300~400円近く安いのですが、それでも1,200~1,500円が相場。

当たり外れある中で、そこに投資するのはファンでもないとできませんよね。


なので今回は、“試聴”と“入手”に焦点を当てます。

私がこれまでどうやってアルバムを集めてきたか、参考にして頂ければ。



~試聴について~


試すことのできる場は、三つあります。

1.Youtube

2.販売サイト

3.店頭

それぞれ解説します。


1.Youtube


近年のアーティストは大抵、自分のチャンネルを持っており、

アルバムから数曲はアップしています。

古いものや、もう亡くなった方のチャンネルも複数あり、

試聴にはもってこいの場ですね。


それから、これは褒められた行為ではないですが、

無許可でアップされている古いアルバムも無数にあります。

私は利用しませんが、事実そこにある以上聴くことは可能。


というか、聴いてしまってもいいのではないかとすら思います。

ジャズ界の発展において弊害になる、などと考えもしません。

まずは、どんな形でも聴いてもらってジャズを好きになってもらうこと。

そこから現行のアーティストのアルバムを買ってもらったり、

ライブ等に行ってもらえる可能性が増すのであれば、全然アリです。


2.販売サイト


itunesや、Amazonのことですね。

私はitunesを度々利用していますので、購入前には必ず聴きます。

特に現代ジャズに強く、全曲一分近くは軽く公開されている。

買うか悩んだらここら辺を覗いてみるといいかも。


3.店頭


一番わかりやすい場所です。

ただ、都心にしかない。

新宿のタワーレコードとディスクユニオンはめちゃくちゃ試聴できます。

新しい発見に満ちていて、行くだけでも楽しい場所。

私はよく、上記の店で発掘してはitunesで買っています。

二店舗には非常に申し訳ないですが、置き場所の節約にもなって助かるのです。



~入手について~


入手する場は四つ。


1.店頭

2.ダウンロード

3.中古

4.図書館


3と4を解説します。


3.中古


先程も挙げたディスクユニオンか、アマゾンか。

私は両方使います。

中古が苦手でない人なら、使わない手はないでしょう。

二つを比べるとアマゾンの方が安いのですが、大抵一週間くらいかかります。

ディスクユニオンは眺めるだけでも楽しいので、是非行ってみてください。


4.図書館


もうこれは最強の穴場ですね。

タダですから。

私は図書館で500枚以上借りた気がします。

何故か知らないですが、近くの図書館にアホほどあったのです。

みなさんも仕事場や家の周辺を覗いてみては?

最近のところだと、ネットから蔵書を調べることもできますので。

おすすめです。



以上を参考にして、みなさんもジャズライフを楽しんでください!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る