【にじゅういち】I know

赤色の夕日の向こう


微かに光っている月を


僕だけが知っている


夜景の景色に溶ける


社畜の悲鳴と眼光を


僕だけが知っている


枯れ果てていく花の


刹那に見せる悲哀の表情を


僕だけが知っている


移り行く現の中にも


江戸時代の優美が


眠っているのを


僕は知っている

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます